前衆議院議員 上田いさむ

(衆議院小選挙区 神奈川6区)

facebookページ

1 day ago

上田 勇

[国際経済交流協会懇親会]
昨晩は、公益社団法人国際経済交流協会の懇親会に出席しました。地元旭区の方が、同協会の理事を務めています。河村建夫衆院議員、ノルバート駐日ハンガリー大使(写真)など多数の来賓から挨拶が述べられました。同協会では、長野県の道の駅でハンガリーの料理や物産の販売と交流をサポートしています。https://www.ieea.or.jp/
...

[国際経済交流協会懇親会]
昨晩は、公益社団法人国際経済交流協会の懇親会に出席しました。地元旭区の方が、同協会の理事を務めています。河村建夫衆院議員、ノルバート駐日ハンガリー大使(写真)など多数の来賓から挨拶が述べられました。同協会では、長野県の道の駅でハンガリーの料理や物産の販売と交流をサポートしています。https://www.ieea.or.jp/

2 days ago

上田 勇

[地域の餅つき]
日曜日には、各地で町内会などの「餅つき会」が開かれました。ずいぶんと寒くなってきましたが、子どもたちも元気に楽しんでいました。
...

[地域の餅つき]
日曜日には、各地で町内会などの「餅つき会」が開かれました。ずいぶんと寒くなってきましたが、子どもたちも元気に楽しんでいました。Image attachmentImage attachment

3 days ago

上田 勇

[地元の保育園の生活発表会]
旭区二俣川にある保育園の「生活発表会」を見学しました。毎日の保育の状況の紹介のほか園児による歌や体操が元気いっぱいに発表されました。この園は、さまざまな体験学習に力を入れていることや病気・障がいの子どもたちを積極的に受け入れていることが特長です。http://www.greennet-group.jp/hoiku/
★その後、公明党神奈川県本部での今年最後の拡大幹事会に出席しました。若干の時間を使って、「新たな外国人材の受入れ」について、地方議員と意見交換を行いました。
...

[地元の保育園の生活発表会]
旭区二俣川にある保育園の「生活発表会」を見学しました。毎日の保育の状況の紹介のほか園児による歌や体操が元気いっぱいに発表されました。この園は、さまざまな体験学習に力を入れていることや病気・障がいの子どもたちを積極的に受け入れていることが特長です。http://www.greennet-group.jp/hoiku/
★その後、公明党神奈川県本部での今年最後の拡大幹事会に出席しました。若干の時間を使って、「新たな外国人材の受入れ」について、地方議員と意見交換を行いました。

 

Comment on Facebook

頑張って下さいね👍♥️(..)//✨☆✨

+ View previous comments

4 days ago

上田 勇

[地元連合町内会の年末懇親会]
金曜日には、地元の保土ヶ谷東部連合町内会の役員懇親会にお招きいただきました。各町内会の会長・役員ら出席し、交流を深めました。保土ヶ谷東部地区は20町内会で構成され、世帯数が区内最大です。
...

[地元連合町内会の年末懇親会]
金曜日には、地元の保土ヶ谷東部連合町内会の役員懇親会にお招きいただきました。各町内会の会長・役員ら出席し、交流を深めました。保土ヶ谷東部地区は20町内会で構成され、世帯数が区内最大です。

5 days ago

上田 勇

[金沢八景駅舎改良工事が進む]
関東学院大学で講義しました。今回のテーマは「公共事業の制度・仕組みと首都圏整備計画」。http://univ.kanto-gakuin.ac.jp/index.php/ja/
★最寄の金沢八景駅では、京急線と金沢シーサイドラインの連結などの駅舎の利便性を改良するための工事がかなり進んできました。完成予想図もアップしました。
...

[金沢八景駅舎改良工事が進む]
関東学院大学で講義しました。今回のテーマは「公共事業の制度・仕組みと首都圏整備計画」。http://univ.kanto-gakuin.ac.jp/index.php/ja/
★最寄の金沢八景駅では、京急線と金沢シーサイドラインの連結などの駅舎の利便性を改良するための工事がかなり進んできました。完成予想図もアップしました。Image attachment

 

Comment on Facebook

相互乗り入れではなく、遠かった乗り場を近づけることで、乗り換えを便利にする計画です。

シーサイドラインと京急の割引切符お願いします。

京急線とシ―サイドラインが、連結したらスゴい便利が良くなりますね😃

+ View previous comments

いさむの一言(最新)

【いさむの一言(12月10日)】新たな外国人材受入れ制度は漸進的に整備するべき

深刻な人手不足への対応が必要  臨時国会で、一定の技能を要する業務に従事する外国人労働者の受入れを認める「出入国管理及び難民認定法」の改正案が成立しました。ここ数年、労働力需要の増加と生産年齢人口の減少があいまって、介護・建設・農業等の分野で人手不足が深刻になり、産業界からは、外国からの人材の受入れ拡大の要望が高まってきました。このままでは、今後5年間で130万人程度の労働力が不足すると見込まれており、経済社会の安定した成長を確保することが法改正の目的です。 これまでの外国人材受入れ方針の転換  日本では、高度な専門性や技術を有する外国人材の受入れを積極的に推進する一方、それ以外は原則認めていません。例外として、日本国内で、一定の技能の習得を目的とした「技能実習制度」、ASEANとの経済連携協定に基づく看護師・介護福祉士候補者等の「特定活動」、留学生等が学費・生活費を補うための短...

最新のブログ

メルマガ登録

メールアドレス


空メール送信で登録

※メルマガご登録の際は、選挙運動期間中に上田いさむから選挙運動用電子メール(投票依頼など)が送られることもあわせて同意していただき、ご登録ください。

スポットニュース

2017年9月(特別号)

PDFダウンロード 

※選挙期間中この資料を印刷して配布することはできません

動画