Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

健保法改正案について代表質問

後半国会における最大の課題の一つである「健康保険法等の一部を改正する法律案」及び「良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律案」について、川崎厚生労働大臣からの趣旨説明とそれに対する各党からの代表質問が行われました。上田いさむが、公明党を代表して小泉総理及び川崎厚労大臣に対して質問を行いました。

また、当日は民主党提出の2法案についても提出者からの趣旨説明と質疑が行われました。

なお、この代表質問の模様については、7日付神奈川新聞及び公明新聞に紹介されています。

 

健保法改正案について代表質問

 

【質問の概要】

最初に、生命と健康を支える医療制度は国民生活の最重要な基盤であり、急速な高齢化が進展する中で国民皆保険制度を堅持し、将来にわたり持続可能な制度とすることは、将来に対する責任であるとの認識を述べました。その上で、以下の諸点について、小泉総理と川崎厚労大臣に質問しました。

 

【対小泉総理】
  1. 今回の医療制度改革は何をめざし、それによって医療制度がどのようになるのか、改革の狙いについて
  2. 75歳以上の後期高齢者を対象とした都道府県単位ですべての市町村が加入する広域連合が運営する新制度を創設する趣旨について
  3. レセプトのオンライン化推進によって期待できる効果と今後の進め方について
  4. 電子カルテ等医療分野でのIT化推進による検査の重複防止などのメリットと今後の進め方について
  5. 医療費の伸びと名目経済成長率の関係など中長期的な医療費のあるべき水準に関する考え方について

 

【対川崎厚労大臣】
  1. 高齢者の患者負担の見直しの趣旨と自己負担限度額の据え置きなど低所得者に対する配慮について
  2. 新たに導入が決定した、医療保険と介護保険でかかった自己負担額が一定に限度額を超える場合にその差額を支給する高額医療・介護の合算制度の内容について
  3. 他の先進諸外国に比べて長期にわたり、また地域ごとに差が大きい平均在院日数の短縮を図るための実効性のある取組みについて
  4. 介護療養型医療施設を廃止するに当たって、受け皿となる老健施設、居住系サービス等の整備に関する考え方について
  5. 健康診断・保健指導といった生活習慣病を予防する取組みの実効性を確実にするための施策に充実について
  6. セカンドオピニオンなど患者に対する情報提供、地域における医療の連携体制の構築など医療提供体制の改革に関する取組みについて
image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告