旭区政経懇話会第1回セミナーを開催

58

15日夜、旭区政経懇話会(代表:上田いさむ)の第1回政経セミナーが、約200名を超える方々にご出席いただき、開催されました。お忙しい中、ご出席いただきました皆さまに改めて厚く御礼申し上げます。

 

旭区政経懇話会第1回セミナーを開催

 

旭区政経懇話会第1回セミナーを開催

 

旭区政経懇話会第1回セミナーを開催
中小企業庁西村次長

 

旭区政経懇話会第1回セミナーを開催
江崎鉄磨国土交通副大臣

 

【中小企業庁次長が講演】

当日は、午後7時に開会、はじめに約1時間にわたり中小企業庁西村次長から、最近の経済情勢や中小企業施策などについて講演がありました。西村次長からは,政府・与党が推進している中小企業金融・税制全般の説明に加えて、投資促進税制の拡充、同族企業留保金課税の軽減などの18年度税制改正や「中小企業新事業活動促進法」に基づく支援策について紹介がありました。

 

【江崎国交副大臣が応援挨拶】

二階経済産業大臣からのメッセージが紹介されたのつづき、江崎鉄磨国土交通副大臣からの応援の挨拶がありました。江崎副大臣は、平成15年総選挙では自身の選挙区とともに神奈川6区が全国屈指の接戦であったことについて言及しつつ、上田・江崎の両議員は誰よりも一票の大切さ、地元の重要さを理解している議員であると述べました。さらに、小泉内閣・与党による改革の推進と地域の発展のために努力している連立与党の上田いさむへの一層の支援を呼びかけました。

 

【改革実行・政策実現で責任を果たす】

最後に、上田いさむが主催者を代表して挨拶し、本セミナーへの出席と日頃からの支援に対する御礼を述べるとともに、昨年の総選挙以来、財務副大臣、予算委員会理事、経済産業委員会理事として活動していることを報告しました。また、政府・与党が一生懸命に打ち出している各種中小企業支援施策も、実際に活用していただけなければ価値がないと述べ、積極的な活用をお願いしました。

さらに、民主党議員による偽メール事件によって国会審議に対する信用が低下していることへの憂慮を述べるとともに、国会会期中での執行部交代は国会軽視で無責任であると批判しました。その上で、政府・与党としては、そうした民主党などの動きに惑わされることなく必要とされている改革を実行し、政策を着実に実現していくことによって国民に対する責任を全うしていきたいとの決意を披露しました。