Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

中田市長らとともにサミットの横浜・新潟開催を要請

7日、中田横浜市長らに同行して、安倍内閣官房長官ら関係方面に、2008年の先進国首脳会合(サミット)等の横浜・新潟開催を要請しました。要請活動には、伊波横浜市会議長、高梨横浜商工会議所会頭、泉田新潟県知事、篠田新潟市長らのほか、神奈川県及び新潟県関係国会議員も同行しました。

また、サミットの前後には、外相会合と財相会合が開催されることから、それぞれの議長をつとめる麻生外務大臣と谷垣財務大臣を訪問し、同様の趣旨の要請を行いました。

今回のサミットの誘致は、わが国が鎖国を解いて、安政7(1859)年に、横浜港、新潟港など5つの港を開放してから150年目に当る意義を込めています。日本の近代化は、横浜をはじめとするこれらの開港からスタートしました。横浜市には、開港当時からサミット参加国であるアメリカ・イギリス・フランス・ロシアなどの外交使節が置かれ、今日までその面影が多く残されています。 一方、新潟は最初の開港の一つであるだけでなく、サミットの議題にのぼると予想される北朝鮮問題と関わりの深い都市であるとともに、これからアジアとの関係強化のカギを握る地域の一つでもあります。

横浜、新潟とも国際会議を開催するのに十分な施設等も完備しており、周辺にはわが国をアピールする文化財や景勝地にも恵まれています。

また、警備面からも問題は少ないと考えられます。

以上の理由から、私たちは、首脳会合を横浜で、閣僚会合を新潟で開催することを提案しています。

 

●2008年サミットの横浜・新潟開催を要請

中田市長らとともにサミットの横浜・新潟開催を要請

 

中田市長らとともにサミットの横浜・新潟開催を要請

 

中田市長らとともにサミットの横浜・新潟開催を要請

 

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告