Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

教育基本法案が成立、臨時国会閉幕へ

9月末に始まりました臨時国会は、4日間会期が延長されましたが、すべての日程を終了することとなりました。最後まで、最も関心の高かった「教育基本法案」の採決をめぐり参議院で与野党の攻防が繰り広げられましたが、15日に可決、成立しました。

また、野党からは安倍内閣不信任決議案が提出されましたが、ただちに与党の賛成多数で否決されました。民主党の菅直人氏が、本会議で民主・共産等を代表して不信任案の提案理由説明を行いましたが、まったく理屈の通らない言いがかりのような内容でした。また、その際に決議案の提出者代表である民主党の小沢党首が本会議に出席していないというふざけた態度には呆れるばかりです。

法案審議中は、国会議事堂周辺に日教組などの労組の活動家が連日のように全国各地から動員され、座り込みやデモを繰りかし、気勢をあげていました。彼らからは、今日の教育の現状を真剣に考えて、改善していこうという前向きな姿勢はまったく感じらなかったのが残念です。また、時おりその中に「全学連」や「革マル」といった過激派等の赤い旗も翻っていたのには驚きました。

 

◆12月10~16日・北朝鮮人権侵害啓発週間

本年6月に、私も含めた与党の議員提案をベースに成立した「北朝鮮人権法」により、12月10日~16日の一週間を「北朝鮮人権侵害啓発週間」とすることが定められました。私も、法案の共同提案者の一人として成立に努めてきました。

13日には、韓国、タイ、ルーマニアなど北朝鮮による拉致被害の疑いのある各国の被害者家族、政府・議会関係者などが参加してのシンポジュームが開催されました。また翌14日には、日比谷公会堂で政府主催としては初めての「拉致問題を考える国民の集い」が開催され、拉致問題対策本部長の安倍総理や同副本部長の塩崎官房長官も出席しました。私も、拉致問題解決に取り組んでいる同僚議員とともに集会に出席しました。

 

◆拉致問題の早期解決に一層の努力を

集会では、横田滋さんご夫妻が、めぐみさんが失踪してから今日までの30年近い期間の経緯について語り、一刻も早い救出を切々と訴え、私も胸が締め付けられる思いでした。また、横田さんからは、これまで拉致問題に積極的に取り組んできた安倍総理の下で対策本部が設置され、中山恭子補佐官が特命で担当することになったことへの期待が示されました。国をあげて、被害者全員の一日も早い救出と解決に一層の努力を払っていくことを改めて決意しました。ちょうど北京で六カ国協議が再開されましたが、その交渉を通じて拉致問題解決に向けての前進があるものと強く期待しています。

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告