Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

東京しごとセンターを視察

党雇用・再チャレンジ支援本部では、太田党代表とともに千代田区内の東京しごとセンターを訪問し、若者から高齢者までの就職支援事業の状況を視察し、就職支援アドバイザー等の関係者と意見交換を行いました。同センターは、東京都が設置した(財)東京しごと財団が、厚生労働省東京労働局の協力のもとで運営している就職に関するワンストップ・サービスを提供している施設で、ハローワーク(職業安定所)の従来型の職業紹介にとどまらず若者のカウンセリングや就職活動のノウハウ講座などきめ細かな事業を実施しています。

(詳しくはホームページ http://www.tokyoshigoto.jp/をご参照ください)

 

東京しごとセンターを視察

 

非正規から正規雇用への転換が進むなど雇用情勢はかなり改善されたとはいえ、フリーター・ニート問題など若者の雇用の不安定性は依然として深刻です。若者の就職支援は、政府・与党が進める再チャレンジ支援政策の重要な柱の一つですので、引き続きしっかりと取り組んでいきたいと考えています。

 

年齢別のニーズにあった多様なサービスを提供

3フロアーの同センターでは、各階ごとにシニアフロア、ミドルフロア、ヤングフロアに別れており、それぞれのニーズに合わせたサービスが提供されています。

 

東京しごとセンターを視察

 

シニアフロアでは、概ね55歳以上の就職希望者向けに、ハローワーク飯田橋(職業安定所)との連携のもとで職業紹介、キャリアカウンセリング、就職前準備研修などを実施しています。ミドルフロアでは、概ね30歳~54歳の就職希望者向けに、民間就職支援会社への委託も含めて、就職活動のきめ細かなアドバイス、求人情報提供と職業紹介、知識・技能習得のための能力開発講座などの事業を行っています。

また、同センターが最も力を入れているヤングフロアでは、概ね30歳未満の若者向けに、民間就職支援アドバイザーの活用を含めて、仕事に関するあらゆる相談に電話で対応する「若者しごとホットライン」、求人情報提供と職業紹介、就職カウンセリング、各種セミナー、能力開発講座などの事業を行っています。ここでは、少人数のグループで就職活動に必要なスキルを身につけながら仲間と一緒に就職活動を進める「就コム!」、専門スタッフのもとで2ヶ月間就労に必要な基礎的なスキルの習得や就労体験等の多彩なメニューを提供する「ワークスタート支援プログラム」のほか、職業体験やインターンシップなど若者の就職を支援する多様なサービスが提供されています。

 

カウンセリングなどきめ細かな支援が重要

就労支援アドバイザーなど同センターで若者の就労支援に携わっている関係者から業務の概要について説明を受けて、意見交換を行いました。

 

東京しごとセンターを視察

 

関係者からは、

  • 今の若者は、真面目で基本的な能力も高いが、仕事の選択や求職活動の方法についての理解が不足しているので、カウンセリングがとても重要である。
  • 職業に就いていない期間が長くなるほど就職活動に消極的になってしまう傾向があるので、早い段階で応援することが重要である。
  • 多くの若者が過剰に失敗を怖がる傾向があり、その意味からグル-プで就職活動に取組む「就コム!」の効果が高いと述べていました。
  • 希望職種が事務職に偏っており、求人とのミスマッチが生じているので、営業やものづくりなど他の職種の紹介に心がけている。

などの意見が表明されました。

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告