統一地方選挙でのご支援お願い申し上げます

35

◆春本番・スポーツ花盛り

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるようにめっきり春らしくなりました。首都圏では、桜も咲きはじめ、今週末はお花見真っ盛りになりそうです。

先週は、日本中がスポーツに沸き返りました。甲子園では選抜高校野球がはじまり、プロ野球も開幕となりました。大相撲三月場所は大関白鵬が横綱朝青龍との決定戦を制して優勝を飾りしました。フィギュアスケート世界選手権では、安藤美姫さんの見事な逆転優勝はじめ男女とも日本選手が大活躍でした。

 

◆統一地方選がスタート

22日に都道府県知事選が告示となり、統一地方選挙の論戦がはじまりました。当日、私は地元神奈川県知事選に立候補した新人の杉野正氏(無所属・自民党県連推薦)の出陣式に出席し、河野太郎自民党県連会長らとともに応援の挨拶を行いました。また、同日東京都・神奈川県・埼玉県の現職知事が揃って東京と横浜で街頭パフォーマンスを行い、注目を集めました。三知事は基本政策に違いがあるようですし、支持を受けている政党も異なっているので、こうした行動は有権者にはわかりにくいのではないでしょうか。

30日には、県議会・政令市会議員選挙が告示となり、選挙戦が本格化します。知事選と同日の来月8日の投票となります。また、その他の市町村会議員選挙は、22日投票で実施される予定です。

 

◆生活に身近な重要な地方選挙

地方議会の選挙は、テレビなどで報道される機会も多くないことから有権者の関心が国政選挙に比べて高まらず、投票率も低くなりがちです。しかし、地方議会は私たちの生活に最も関係の深い身近で重要な政治です。福祉・教育・産業支援などの各種施策も国で法律・制度・予算などの大枠を決めますが、それを地域の実情に合うように直しながら実際に執行していくのは地方自治体です。地方自治体の行政が適性に行われているかどうかをチェックし、住民のニーズを政策に反映していく地方議会の果たしている役割はきわめて重要です。

 

◆公認候補者全員の勝利をめざして

公明党神奈川県本部では、今回の統一地方選に県会議員候補者12名を含む95名の公認候補者を擁立する予定です。その他、自民党・無所属の県会議員候補予定者12名の推薦を決めました。各選挙区とも大変な激戦が予想されますが、全員当選をめざして全力をあげていく決意です。私たちは、各議会や地元での具体的な実績と政策を丁寧に訴えて、住民の信頼を勝ち取っていきたいと考えています。皆さまの力強いご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。