Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

参院選の情勢が緊迫!もう一歩のご支援お願い致します!

今後の政治の動向を大きく左右する参議院選挙戦も最終盤に突入し、投開票日がいよいよ次の日曜日と迫ってきました。新聞・テレビの世論調査の結果では、全国的に、自民・公明の与党への大逆風が伝えられており、このままだと過半数確保が困難だと言われています。

神奈川選挙区においても、野党が定数3のうち2議席を獲得する勢いで、公明党の松あきら候補の苦戦が報じられています。私も、なんとかこの劣勢を挽回すべく、あらゆる関係者に支持を訴えています。

 

◆参院過半数割れで政治空白の恐れ

仮に、与党が参院で過半数に達しないことになると、衆参両院でねじれが生じて政治はきわめて不安定になる恐れがあります。野党は民主・社民・共産各党では基本政策が大きく異なっており、意見をまとめるのが不可能と思われます。しかも野党第一党の民主党の内部ですら、重要政策について意見集約が困難であることは周知の通りです。政府の提案に反対し、妨害するという後ろ向きな対応については一致可能でしょうが、意見をまとめて政策を前進させることは至難です。

今日、わが国は、中長期的な経済の成長戦略の推進、安定した社会保障制度の確立、徹底した行政改革の断行と財政健全化など緊急かつ重要な課題に直面しています。こうした時に政策決定ができず、政治の空白が生まれてしまう危機的事態を招いてはなりません。そのためには、自民・公明の与党で過半数を確保することがどうしても必要です。

 

◆改革の逆戻りは許されない

この選挙戦で野党は、改革にともなう痛みをことさら強調して与党を非難し、必要な改革の流れを逆戻りさせようとしています。これは、本格的な少子高齢社会の到来、危機的な事態に陥っている財政事情、経済のグローバル化に伴う競争環境の変化といいた現実から目をそらし、結果的に未来の大きな禍根を残すことになります。しかも、野党の公約は選挙目当ての無責任なバラマキ政策ばかりが目に付きます。有権者の皆様には、是非とも冷静に与野党の政策の内容を吟味していただき、未来に責任をもつ政治を進めている与党へのご信認をお願い致します。

 

◆赤城農相は説明責任を果たすべき

新任の赤城農水大臣が関係する政治団体の収支報告書の内容をめぐる疑惑が報じられています。残念ながらこれまでの赤城氏の対応では、閣僚という責任ある立場にある者として、十分に説明責任を果たしているとは言い難いと思います。政治への不信を払拭するためにも、法律に定められた範囲だけにとどまることなく、国民に納得のいくような適切な対応を行うべきだと考えます。

 

 

神奈川選挙区から松あきら候補が挑戦

 

神奈川選挙区からは、公明党公認で松あきらさんが立候補しました。松あきらさんは、3期目の挑戦。これまで経済産業副大臣や参院行政監視委員長などの要職を歴任してきました。(松あきらさんのホームページ http://matsu-akira.comをご参照ください)

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告