Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

経済産業委で柏崎刈羽原発ほか被災地を視察

衆議院経済産業委員会では、新潟中越沖地震で被災した、東京電力の柏崎刈羽原子力発電所の被災状況調査を実施したほか、柏崎市内の商店街等の視察や柏崎商工会議所からの要望等の聴取を行いました。当日は委員長である私をはじめ各党の理事など議員8名及び衆議院事務局、高木経済産業大臣政務官ほか同省担当官が参加しました。

 

経済産業委で柏崎刈羽原発ほか被災地を視察

 

● 視察先及び内容

1.(株)東京電力柏崎刈羽原子力発電所

経済産業委員会の調査団は、はじめに地震で被災した柏崎刈羽原子力発電所の調査を実施しました。まず、(株)東京電力武黒副社長・原子力立地業務部長と川俣発電所ユニット所長から施設概要及び被災状況、発電停止による首都圏の電力需給への影響について説明を聴取した後、被災個所の調査を行いました。まず、施設内道路などの被災状況を視察した上で、屋外にある破損した排気ダクト及び火災が発生した変圧器を調査しました。次に、3号機建屋内の管理区域の調査を行い、水が一部外部に漏洩した格納容器内部を調査し、地震計や原子炉周辺の視察をおこないました。

地震発生ともに、運転中の原子炉はすべて自動停止し、安全性は確保されており、環境に影響が及ぶような事態は発生していないことが確認できました。構内道路などには陥没による被害が見られたものの、原子炉建屋本体には損害が見られませんでした。また、火災が発生した変圧器についても、消火に時間を要したと言う課題はあるものの、防火壁で遮断されており類焼の危険性はなかったものと見受けられました。

調査団からは、自衛消防組織の充実など災害即応体制の整備、迅速・的確な情報提供のあり方、慎重な安全性点検の実施などについて要望しました。

 

2.柏崎市街地(東本町付近)

柏崎の中心市街地で最も被害の大きかった東本町の商店街(通称「えんま通り商店街」)などを歩き、被災商店・家屋などの視察を実施しました。比較的古い建築物や寺社、土蔵などに大きな被害が見られました。また、液状化現象と思われる道路地盤が10~30センチ程度沈下しているのが見受けられました。比較的被害の軽かったいくつかの商店は営業しているものの、被害の大きな商店では再開の目途がまったく立っていない様子でした。

 

3.柏崎商工会議所

市街地を調査した後、柏崎商工会議所を訪問し、会田柏崎市長、中村市議会副議長、松村商工会議所会頭及び役員らと面会し、被害状況の報告を受けるとともに、国の支援に関する要望などを聴取しました。

工業については、建物や機会などの復旧が比較的早期に進んでおり、受注も概ね順調であることから、多くの事業所で操業を再開しているとのことでした。一方、商業については、営業再開の目処が立っていない商店が多いほか、再開した商店でも売上が大幅に落ち込んでおり厳しい状況が続いているとのことでした。また、観光業については、風評被害もあって客が7割減少しており、きわめて深刻な状況にあるとのことでした。

委員会調査団からは、被害復旧と事業再建に向けて国としてできる限りの対策を講じていくよう督励していくとの考え伝えました。

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告