Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

食の安心確保のために原因究明に全力で

◆上田いさむ新春の集いへのご参加まことにありがとうございました

4日に横浜市内で開催しました恒例の「上田いさむ・新春の集い」には600名近い皆さまにご参加いただき、まことにありがとうございました。

当日は、加藤紘一元自民党幹事長、菅義偉元総務大臣、坂口力公明党副代表ら多くのご来賓から祝辞をいただきました。また、各種業界団体、組合の役員、地元自治会役員の皆さまなど日頃からご厚情をいただいている各界の皆さまににもご参会いただき、盛大に開催することができました。

詳しい内容は「活動報告」のページにアップしています。

 

◆補正予算が成立・来年度予算案の本格的な議論がスタート

6日には、平成19年度補正予算案が参院で否決されたのを受けて両院協議会が設置されました。直ちに両院の協議が行われましたが合意に至らず、予算案については衆院の優位性が憲法で定められていることから、衆院の議決どおりに成立しました。“ねじれ”国会のため従来よりもかなり難航しましたが、何とか成立までたどり着き、後期高齢者医療費の負担増の凍結や原油高騰対策としての福祉灯油といった補正予算に盛り込んだ施策を実施することができるようになりました。

7日からは、衆院予算委員会での基本的質疑が始まり、20年度予算案に関する本格的な論戦がスタートしました。予算の中には、国民生活や経済活動に密接に関連する施策が数多く含まれています。経済の先行きのリスクに的確に対応していくためにも、予算の年度内成立が重要です。

 

◆冷凍ギョウザ被害拡大で食の安全への不安が広まる

ギョウザなど中国産の冷凍加工食品による健康被害を訴える人が2,745人(9日現在)に及んでいると報道され、食の安全に対する不安が高まっています。有機リン系毒物が検出されたのは10人程度ではありますが、生活の安心を脅かす深刻な事態であることは間違いありません。残念ながら、政府の初動段階での対応に問題があったと指摘されています。

また、中国料理店などでは風評被害も深刻になっています。私の地元には横浜中華街がありますが、予約のキャンセルなど売り上げが減っているそうです。「中国料理と言っても使っている食材はほとんど国産で、しかも輸入冷凍食品など使っているわけではないのに」との嘆きの声を聞いています。

私は1日に、公明党太田代表らとともに町村官房長官を総理官邸に訪問し、政府挙げて被害の拡大防止と迅速な原因究明に全力を尽くすことを申し入れました。

 

◆原因究明が最優先

日中両国政府や関係者による原因究明のための調査が行われていますが、どこで、どうやって毒物が入れられたのか、はっきりと解明されるには至っていません。さまざまな状況証拠から、中国の食品工場内で何者かが故意に混入した疑惑が深まっています。そうだとすると、輸入時または流通段階で事故を防止するのはかなり難しいのではないかと考えます。今後、被害の拡大・再発防止策を講じ、風評被害を抑えていくためにも原因の徹底究明に官民あげて取り組むべきだと考えます。また、輸入商社や流通業者にも生産段階の安全管理・品質管理にもっと責任を持って取り組んでもらうことが必要であり、そのための制度のあり方について検討していきたいと考えています。

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告