Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

途上国貧困撲滅議連でアフリカ諸国大使と懇談

4月3日、議員会館内で「途上国貧困撲滅議員連盟」総会を開催し、アフリカ諸国の駐日大使の代表と、第4回アフリカ開発会議(TICAD 4)の成功に向けて懇談を行いました。

 

途上国貧困撲滅議連でアフリカ諸国大使と懇談

 

総会にはアフリカ諸国を代表して、タンザニア連合共和国、ザンビア共和国、ケニア共和国、モロッコ王国、ジンバブエ共和国、コンゴ民主共和国、ガーナ共和国の大使が出席しました。

当日は、議連事務局長の私が司会進行をつとめました。はじめに、広中和歌子議連幹事長(参院議員)及び鳩山邦夫議連会長(衆院議員・法務大臣)から挨拶があったのにつづき、アフリカ外交団の団長であるタンザニア連合共和国ムタンゴ大使から代表して挨拶がありました。その後、各国大使から意見が述べられ、出席議員との懇談が行われました。短時間ではありましたが、有意義な意見交換会となりました。

アフリカ諸国の大使からは一様に、TICADの重要性や日本の協力に対する評価の言葉が述べられました。また、アフリカの自立的な発展を進めるために、インフラ整備への協力の継続のほか、民間セクターによる投資や技術移転の拡大に期待が寄せられました。一方、日本のODA予算が縮減していることへの懸念も述べられ、アフリカに対する支援の要望がありました。

出席した議連メンバーからは、アフリカ開発の重要性が強調され、TICAD4成功に向けて議連としても協力していくことで意見が一致しました。

当日の会合の内容については、インタープレス・サービス(IPS=国連や開発問題を機軸とした国際的な通信社)で配信されたほか、神奈川新聞や公明新聞でも報道されました。

 

途上国貧困撲滅議連でアフリカ諸国大使と懇談

 

○ TICAD4について

TICADとはアフリカの開発をテーマとする政策フォーラムで、93年以降、わが国が主導して国連、国連開発計画(UNDP)、世界銀行などと共催してきました。5年に1回の首脳会談のほか、閣僚級会議も開催しています。03年の前回首脳会議(TICAD3)には、アフリカ23ヶ国の首脳など約1,000名が参加しました。

TICAD4は、本年5月28日~30日に、横浜市みなとみらい地区で開催される予定です。近年のアフリカにおける政治・経済両面での前向きな変化を後押しするため、「元気なアフリカをめざして」との基本メッセージの下、1.成長の加速化、2.人間の安全保障の確立、3.環境問題・気候変動問題に対する国際社会の知識・ノウハウ及び資金の協力について論議することになっています。

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告