横浜市内での党県本部時局講演会で参院選への支援をお願い

32

17日夕刻、横浜市中区の県民ホールで公明党神奈川県本部の時局講演会が開催され、主催者を代表して、参院選への支援を要請するとともに、菅新内閣の政治姿勢や政策を正していかなければならないと訴えました。

当日は、山口党代表の挨拶のほか、浜田昌良参院議員とタレントの林家まる子さんとのトークショーも行われました。

私からは、参院選比例区が“非拘束名簿式”という候補者の個人名で投票し、票数の多い順に当選が決まる方式になっていることを説明し、浜田まさよしの個人名での協力をお願いしました。また、この制度では、知名度の高い候補者が有利になることから、各党がスポーツ選手やタレントなどの有名人を多く公認していることに触れた上で、「実績が豊富で、政策能力が高い、皆さまに役に立つ候補者を人物本位で選んでいただきたい」と訴えました。