Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

機能する政治を確立することが必要!

一年間大変お世話になりました。

2010年最後の「いさむの一言」の更新となりました。 この一年間、格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。昨年の総選挙での敗北後、捲土重来を期して地域での活動を続けていますが、皆さまには物心両面にわたり力強いご支援を頂戴しており、感謝に耐えません。明年も皆さまとともに全力で走りぬいてまいります。また、経済・社会保障・外交等々政策全般にわたり積極的に発信していくつもりですので、なお一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

民主党政権は国力の衰退を招く

この一年間民主党政権の下であらゆる政策が行き詰まり、政治が完全に機能不全状態に陥っています。方針の定まらない”思いつき”の政策判断の連続で、国民の不安が高まり、失望感が広がっています。先日、地元の有権者と懇談した際に、「今の政治のままでは国が亡びてしまう」と嘆いていました。また、最近のマスコミの世論調査でも内閣支持率は続落しています。 先般決定された、来年度の予算・税制案は、理念や整合性がまったくなく、日本の経済・社会をどういう方向にリードしていこうとしているのかさっぱりわかりません。新規国債発行額は、税収を大きく上回る過去最大規模の44兆円にまで膨れ上がり、財政悪化に拍車をかける結果となっています。こうした無定見・無責任な政治が続くことは、日本の国力の衰退を招きかねません。

 

機能する政治を確立するために早期解散を

来年こそは、政治の行き詰まりを打破り、日本が直面する重要課題にキチンと対処できる機能する政治を確立していく必要があります。残念ながら、現在の菅内閣・与党は政権維持に汲々とするだけで、もはや現状を打開して、重要政策を実行していく意欲も能力もまったくありません。できるだけ早期に解散・総選挙を行い、民意を問い直すことが必要になっています。重大な局面で”政治空白”をつくることへの懸念もありますが、このままグズグズしていても時間の無駄ではないでしょうか。

 

政治が責任を持った政策提示を

わが国が直面する課題は山積みです。①人口減少の下で如何にして経済の成長力を高めて、将来にわたる繁栄を築くのか、②本格的な少子高齢社会にあって如何にして安心できる持続可能な社会保障制度を確立するのか、③不安定要素の多いアジア地域にあって如何にして国と国民の安全を守るのか等々です。こうした課題を解決していくためには、負担とサービスのあり方の見直しなど厳しい選択が必要となる場合も多くあります。しかし、今の日本には、重要課題を先送りしている余裕はないと思います。 政治が、国民に財政や経済の現状を率直に示すとともに、責任を持って政策の選択肢を提示していくことが求められています。その選択をベースに、政治がしっかりとした見識と能力を発揮して、一貫性を持って実行していかなければなりません。

 

恒例の後援会「新春の集い」は延期

毎年恒例の上田いさむ連合後援会主催の「新春の集い」の開催について役員で検討した結果、準備の都合上、延期することといたしました。8~9月ころに”暑気払い”を兼ねて連合後援会のパーティーを開催する予定にしていますのでよろしくお願い申し上げます。 なお、私が代表をつとめています公明党神奈川県本部「新春の集い」は、明年1月19日(水)に、横浜ベイシェラトンホテル(横浜駅西口前)で開催いたします。

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告