公明党神奈川県本部賀詞交歓会を開催

38

18日午後、横浜市内のホテルで公明党神奈川県本部の新年賀詞交歓会を、約1,000m名の方々にご参加いただき開催することができました。当日は、公明党山口代表、自民党神奈川県連菅会長など国会・県会議員の皆さま、林横浜市長ほか県下自治体の首長の皆さま、各種団体等多数のご来賓のほか、党員支持者にも多数ご参加いただき、盛大に開催することことができました。ご協力いただきました皆さまに厚く御礼申し上げます。

冒頭県本部代表である私から主催者挨拶を行い、平素からのご支援・ご協力に対する謝意を述べました。つづいて、参院選比例区候補予定者の浜田参院議員から決意が述べられました。来賓の菅自民党県連会長、林横浜市長、阿部川崎市長から祝辞をいた後に、大久保神奈川県医師会会長の発声で乾杯を行い、歓談に移りました。その間、ご出席ただいた国会議員等、各首長にも登壇いただき、ご紹介いたしました。

 

公明党神奈川県本部賀詞交歓会を開催

 

公明党神奈川県本部賀詞交歓会を開催

 

国民の期待を裏切った新政権

私は、現在の鳩山政権ほど短期間で国民の期待を大きく裏切って政権はないと強調しました。景気・雇用がかつてないほど厳しい中で、有効な経済対策を打ち出せていないばかりか、予算編成に当たっては莫大な新規国債を発行するなど財政規律が失われていると述べ、このままの状況では、遠からずわが国は衰退の道を辿らざるを得ないと訴えました。さらに、鳩山総理や小沢幹事長をめぐる政治資金疑惑はかつてないほど巨額かつ悪質な犯罪であり、旧態依然とした金権体質の政治とは決別するためにも徹底的な解明が必要であると述べました。

その上で、公明党神奈川県本部の議員全員がしっかりと団結して、県民の現場の声が国・地方の政策に生かしていけるよう全力で頑張るとの決意を述べました。さらに、本年予定されている逗子市・二宮町議会議員選挙への支援をお願いするとともに、7月の参院選での浜田昌良県本部副代表(参院選比例区候補予定者)への絶大な支援を呼びかけました。