Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

民主党マニフェストの完全破綻は明白

2月に入り、新年賀詞交歓会のシーズンも終わりに近づいています。自治会などの地域団体、業界・職域団体、スポーツ・文化団体、議員の後援会等々数多くの会合や行事にお招きいただき誠にありがとうございました。地域の方々と交流を深め、生の声を伺うことのできる貴重な機会だと考えています。

 

菅内閣は完全に行き詰っている!

衆院予算委員会での本格的な論戦がはじまり、菅内閣があらゆる面で混迷を深め、完全に行き詰まっていることが露呈しています。経済政策においては、方針が迷走して、対策が後手後手に回ってきました。景気・雇用の改善が大きく遅れてしまったほか、将来の経済成長に対する期待も減退しています。無分別・無計画な歳出増によって財政はさらに悪化し、日本の国債に対する内外の市場の信頼性が揺らぎはじめています。外交での迷走はもっと深刻です。場当たり的な対応の繰返しで、対米・対中・対ロ関係はいずれも混迷しています。領土・領海保全への脅威が高まり、国際社会における日本のプレゼンスが低下しているのは明らかです。迷走する内閣・与党がこれ以上つづくと、日本の国力衰退を招きかねず、未来の平和と繁栄が危ぶまれると憂慮しています。

 

マニフェストのデタラメぶりが明らかに

民主党のマニフェストに掲げられた政策の大部分が実現不可能であったことが明らかになり、菅総理自らが破綻を認め、大幅な見直しに言及せざるを得ない事態に陥っています。

“子ども手当”はとりあえず半額支給としたものの、公約に反して事業主・地方自治体の負担は継続され、本格実施の目処も立っていません。”長寿医療制度”については、即刻廃止を訴えてきたにもかかわらず、今までのところまともな議論すら行われていません。その他、ガソリン税の引下げ、高速道路の無料化、高額療養費の引下げなど”目玉政策”のほとんどが暗礁に乗り上げています。これほどデタラメであったことが明らかになった以上、早期に総選挙を実施して改めて民意を問うのが常道ではないでしょうか。

 

民主党の年金改革案の虚構も明白に

民主党が提案している年金改革案の虚構も明白になりました。改革案の柱である、最低保証年金は、支給対象や支給額の考え方も定まっておらず、必要な財源については検討すらされていません。国民年金と被用者年金の統合による一元化も、自営業者等の負担・給付のあり方やその財源についてまったく考えられていないことが露呈し、一元化は困難とまで言っています。こうした問題点は、私たちが繰返し指摘してきた点であり、民主党案が単なる受け習いの思いつきに過ぎないという無責任ぶりが明らかになりました。

年金制度は一生の生活設計に関わる重要なものであり、超長期にわたる制度の安定性と信頼が求められるものです。国民の信頼が動揺している今、制度の再検討と立直しが喫緊の課題であることは疑いがありません。内閣・与党は率直に非を認めた上で、これまでの主張を白紙に戻し、与野党の垣根を超えた議論を提唱するべきです。

 

政治ポータル「日本の政治.JP」のサイトに私の動画がアップされましたので、ご覧になってください。

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告