Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

暫定的予算に組替えて速やかに民意を問い直すべき!

花粉症の季節、アレルギー対策のさらなる充実強化を

先週はめっきり春らしくなってきました。この時期はいまや”国民病”とも言える花粉症の季節でもあり、街中ではマスクを着用した人の姿が目立ってきました。私は軽症の方で、昨年は一回も発症することなく済みましたが、今年は花粉の量が数十倍と聞くと憂鬱になります。花粉症にお悩みの多くの皆さまに心からお見舞い申し上げます。私は、これまで遅れてきたわが国のアレルギー疾患対策に力を入れてきました。臨床研究センターの設置、基礎研究の充実、疾患・治療に関する情報提供体制の整備などの施策を推進してきました。しかし、まだまだ不十分であり、これからも対策の充実・強化に取組んでいきたいと考えています。

 

自覚に欠けて民主党政権の行き詰まり

国会では、”ねじれ”状態の中で予算の執行に必要な関連法案の成立の見通しがまったく立っていません。菅内閣・与党は、口先では法案成立の必要性を言い立ているものの、与野党の合意を形成するための意欲も努力もまったく見られません。無気力・投げやりとも映る内閣・与党の姿勢には、政権を担っている内閣・与党としての自覚の欠片すら感じられません。国民の経済・生活に対する責任を放棄して、党内抗争に明け暮れている姿には呆れるばかりです。小沢氏の国会招致にしてもまったく誠意が示されていません。今のような”ゼロ回答”では、与野党の立場が逆であったなら民主党は審議を完全にボイコットしていたのではないでしょうか。速やかに、ハッキリとした”けじめ”をつけるべきです。

 

菅内閣は速やかに退陣を

菅内閣・与党は、即刻退陣するべきです。経済・外交政策の失政を繰返し、無責任な歳出増で財政悪化を加速させており、今や国民の信頼も完全に失われています。これ以上菅内閣が続投すると、経済の再生も達成できなければ社会保障政策の確立も期待できません。結局、将来の日本の国力低下を招くことになりかねません。国家・国民の利益を考えたときに、取り返しがつかなくなる前に、菅内閣は速やかに決断するべきです。

 

暫定的予算に組替えて即刻解散すべき!

先日、岡田民主党幹事長は「(マニフェストの中の)誰が見てもできないことをいつまでも”できるできる”というのはまさしく国民に対する不正直だ」と述べています。マニフェストが端からデタラメで、既に破綻していることを自ら認めているとしか思えません。内閣・与党の正当性に重大な疑義あると言わざるを得ません。

先ずは、与野党の意見が大きく対立している子ども手当、農家戸別補償、高速道路無料化等々の経費を除いた”暫定的”な予算に組替え、予算関連法案をそれに合わせた内容に修正し、与野党合意の下で成立させることです。その上で、速やかに衆議院を解散することです。総選挙で、これら争点となっている施策のほか、社会保障・財政・経済に関する各党の主張を明確にして、民意を問い直すことが重要だと考えます。もう国民は、小沢氏らが唱えてきた耳あたりのよい”まやかし”には騙されません。

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告