Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

公明党旭支部時局講演会で小野寺議員への支援をお願い

6日夕刻、旭公会堂で公明党旭支部主催の時局講演会が開催されました。当日は、約600名の方々にご参加いただきまことにありがとうございました。  講演会では、和田卓生横浜市会議員、小野寺慎一郎神奈川県会議員からそれぞれ市政報告、県政報告と明年の統一地方選挙に向けての公約や抱負が述べられました。また、高木美智代衆院議員から応援の挨拶と国政報告がありました。

小野寺県会議員は、県行政のムダの排除や効率的で機能する議会への改革に向けての実績を語り、これから更に改革に全力で取組むとの決意が述べられました。また、地域の中のさまざまな声を受け止めて推進してきた豊富な実績について述べて、支援を訴えました。

最後に私からは、小野寺議員が地域の信頼も厚く、政策の立案力・実行力に秀でた議員であると強調しました。また、小野寺さんが、公明党の中で議会改革の中心として戦っていることを紹介し、県政刷新には欠かすことのできない逸材であると支援を呼びかけました。

さらに、民主党政権は政権与党としてまったく機能していない批判しました。先日、横浜で開催された民主党の会合で岡田幹事長が民主党のマニフェストについて「誰が見てもできないことをいつまでもできるできると言うのは国民に対する不正直だ」と発言したことを紹介し、「誰が見てもできないことを選挙公約に掲げることこそが不正直で、不誠実である。」と糾弾しました。また、その誰が見てもできないことの代表例が子ども手当であり、「制度設計がデタラメなために地方自治体とも調整ができず、実行不能になっている。」と述べました

公明党旭支部時局講演会

 

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告