Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

一丸となって大震災からの復興に立ち上がろう

厳しい状況の中にも復興の息吹が

未曾有の大震災から二週間が経ちました。最愛のご家族を亡くされた方々、住宅や職場を失った方々などの悲しみを思うと胸が張り裂けそうです。まだまだ多くの被災者の方々が極限状態の避難生活を続けておられますが、復興に向けての息吹も感じられるようになりました。しかし、現場で救援活動に従事している関係者の話では、地域的なばらつきはあるものの、現地の実情は報道されているよりもずっと厳しいようです。政府・関係機関は引続き救援に全力をあげて取り組むことを望みます。 この間、多くの国民が心を合わせて苦境に立向かい、それぞれの持場で全力を尽くしてきたと感じます。今こそ、国難を克服し、国を再建するためにさらに勇気をもって立ち上がらなければならないときだと痛感しています。

 

海外からの激励・支援に感激

日本の苦境に対して世界中の国々から多くの激励と支援をいただいていることに感激しています。義援金や緊急物資の提供、人員の派遣などが報じられる度に、世界の人々の暖かい友情に胸が熱くなります。

また、米軍も装備・人員を大量に投入して被災者支援や原発事故対策の活動には目を見張るものがあります。ルース駐日大使のツィッターに活動の様子が随時紹介されています。

 

節電や計画停電の改善を期待

関東圏が大幅な電力不足に陥っており、深刻な事態を未然に防ぐために、節電に協力し、計画停電を我慢するのは当然のことではあります。最大の課題はいかにしてピーク時の電力需要を抑制するかという点にあるはずですが、その点から見て今の政府・東電の手法が果たして有効なのか疑問を感じます。予想される需給パターンを明らかにして、ピーク需要を均すために生産活動や生活スタイルをどのように改善すれば効果があるのかという具体的な提案を示してほしいものです。より効果的な取り組みができ、計画停電を最小限に抑えることができる気がします。また、停電の実施についても、地域選定の理由が明確でない上、地域間のバランスにも公平さが欠けているように感じます。政府・東電でよく検討し、もっと理解が得られやすく、効果が上がる方法への改善を期待しています。

 

4月1日県議選・政令市議選がスタート

4月1日には、神奈川県議会議員選挙と横浜・川崎・相模原の政令市議会議員選挙が告示となり、10日の投開票日までの選挙戦がスタートします。難しい時期ではありますが、最も身近で生活に密接に関わる議員を選ぶ重要な選挙です。皆さまの力強いご支援をお願い申し上げます。

 

神奈川県知事選・黒岩祐治氏の推薦を決定

4月10日に行われる神奈川県知事選挙について、公明党神奈川県本部として黒岩祐治氏の推薦を決定しました。黒岩氏は、元フジテレビのキャスターで、「報道2001」など数多くの報道番組に出演していました。同氏のプロフィール等については、ウェブサイトをご参照ください。

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告