気仙沼・陸前高田市の被災状況を調査

10

1日、公明党太田全代表らとともに、東日本大震災の被災地である宮城県気仙沼市と岩手県陸前高田市の被災状況の調査を行いました。宮城県本部代表の石橋信勝県議会議員も同行しました。津波災害の恐ろしさと復旧・復興の道のりの険しさを改めて実感しました。国のあらゆる知恵と力を総動員して対応していかなければならないと痛感しました。  また、被災状況やニーズは地域によってさまざまであり、それぞれの応じた柔軟かつ迅速な復旧支援や復興計画の立案・実施が必要であると感じました。

 

気仙沼市役所と漁協を訪問

当日は、岩手県一関市を経由して気仙沼市に入りました。一関市内で菅原市長に挨拶の後、気仙沼市役所で加藤副市長と面談して被災状況とともに、復旧・復興に向けての要望を聴取しました。また、気仙沼漁業協同組合を訪問し、佐藤代表理事組合長、村田代表理事専務、村田専務理事外から漁港施設の復旧に向けての要望を伺いました。その後、津波と地盤沈下の被害の著しい気仙沼漁港と火災で焼失した鹿折地区を視察しました。これには村上進気仙沼市議会議員が同行しました。

気仙沼市役所と漁協を訪問
気仙沼市役所で加藤副市長より、被災状況の説明及び、復旧・復興に向けての要望を聴取する。
気仙沼市役所と漁協を訪問
気仙沼漁協で、佐藤代表理事組合長らから漁港施設の 被害状況と復旧に向けての要望を伺う。

陸前高田で民間の被災者支援所を訪問

気仙沼市から陸路で陸前高田市に入り、津波により壊滅的な被害を受けている市内を調査した後、陸前高田市立第一中学校の避難所と仮設住宅を訪問、被災者から要望などを伺いました。その後、地域の災害情報の収集・提供や支援物資の取次ぎなどを行っている民家を訪問し、災害時の状況や被災者の現状なのについて話を伺いました。この民家は、数センチの差で床上浸水を奇跡的に免れ、その後、一時避難者を受け入れたほか、地域の被災者の支援センター的な役割を果たしています。

陸前高田で民間の被災者支援所を訪問
壊滅的な被害を受けた沿岸部を調査する
陸前高田で民間の被災者支援所を訪問
陸前高田市立第一中学校の避難所と仮設住宅を訪問、被災者から要望などを伺う

○状況報告

1. 気仙沼では漁港施設の早期復旧・復興の要望を受ける

気仙沼は、市役所などの市の中心施設はかろうじて津波被害を免れたものの、地域経済の中心である漁港と周辺施設や商工業地域が壊滅的な打撃を受けていました。ほとんどの建物は倒壊・浸水しており、ところどころに大型船が打ち上げられているなど甚大な被害でした。水産市場は完全に冠水したうえに70cm以上の地盤沈下のため、使用不能状態にありました。また、船舶用重油タンクが倒壊したために、火災が広範囲に広がり、湾の奥の鹿折地区がほぼ完全に焼失していました。

気仙沼市からは、水産業が市経済の中核であることから、漁港と関連施設の復旧が不可欠であり、国の復興会議ではそれを前提とした計画の立案を要望したいとの意見がありました。また、市としては、できる限り住宅は高いところに移すとともに、港周辺からの避難を容易にするための幹線道路の整備を計画しているとの報告がありました。「復興計画は現場を知っている市でつくるので、国には財政支援をお願いしたい。」の要望がありました。

また、漁協関係者からは、①市場の水揚げ・競りなどの施設の復旧、②製氷施設と給油施設の復旧、③カツオ漁に必要な餌となるイワシの確保費用への助成の3点について早急に対応してほしいとの具体的な要望がありました。

状況報告
船舶の火災被害が甚大だった気仙沼港を調査。
状況報告
気仙沼市長より、復旧・復興への要望を伺う
状況報告
わずかに残った鉄道敷。周辺は壊滅的な被害

2. 陸前高田では仮設住宅の建設が急務

陸前高田は、市の中心部がほとんど津波に流されており、コンクリート造りの建物がわずかに残っているほかは瓦礫の山で、被災前の街の面影を想像することもできないほどの壊滅的な状態でした。海岸沿いにあった野球場が完全に水没している状況に戦慄しました。また、海岸線からはかなり距離のある農村地域にまで津波が川を遡って甚大な被害を及ぼしていました。瓦礫の片付けや道路の復旧は、関係者の努力によりかなり進んではいますが、復興には着手できていない現状です。

避難所では長期化している避難生活に疲労の色が濃く、仮設住宅の早期建設への要望がありました。また、仮設住宅の入居期限が2年とされているものの、その期間では生活再建の目処が立たないとの不安の声がありました。隣接地には仮設住宅が建てられ、第一期の入居がはじまっていたものの、その後の用地確保などが難航しそうだとのことでした。

陸前高田市については、国・県が指導力を発揮して、復旧に取組むとともに、復興計画の立案・実行を担っていく必要性を強く感じました

状況報告
水没した野球場。照明機だけが寂しく佇む
状況報告
周辺で唯一残った建物。5階建の4階部分まで水没した ことがわかる生々しい痕跡。