保土ヶ谷自民党大会で来賓挨拶

39

24日夕刻、保土ヶ谷公会堂で自由民主党保土ヶ谷区連合支部大会が開催され、来賓として挨拶を行いました。当日は、坂井太市会議員による開会挨拶、田中忠昭市会議員(連合支部長)による主催者挨拶、高橋栄一郎県会議員の挨拶、中村達三顧問(元市会議員)、私の来賓挨拶があり、その後、活動方針や予算などの議案についての審議が行われました。

私からは、4月の統一地方選挙で三名の候補者が全員当選したことは、地域の活性化と発展にとって重要なことであると述べ、「県議会でも市会でも自民党が第一党となり、自・公両党で過半数の議席を得たことの意義は大きい。」と強調しました。

さらに、国政が混迷している事態に関して、自・公の野党は国家的な危機に際して内閣に必要な協力を行ってきているし、今後も同じ方針であることを具体的に説明した上で、「民主党内のゴタゴタで政治が停滞しており、最早政権を担っている責任感の欠片も感じられない」と批判しました。