Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

先週の活動レポート:黒岩県知事に防災対策強化を要請など(9月3日~9月9日)

 

9月に入っても相変わらずの猛暑です。どうかご自愛ください。

8日には通常国会が閉幕となりました。「特例公債法案」など多くの重要案件が先送りになりましたが、内閣・与党にはなんとか前進させようとする努力がまったく感じられません。新たに設置された原子力規制委員会の国会同意人事については、内閣の決めた案を与党が採決を拒んでいるような不可解な状況です。もはや民主党の内閣・与党には、政権を担っている責任感がまったくないと言わざるを得ません。

 

○ 3日(月) 

星川駅前で朝の挨拶、地元挨拶まわり、佐藤茂横浜市会議長就任を祝う会

 

・  夕刻から横浜市内のホテルで、佐藤茂横浜市会議員の議長就任を祝う会が開かれました。来賓挨拶で、私から、横浜市においては行政と議会が協調しながら、現実的で有効な“新たな大都市制度”の在り方を提案しているところであり、それを協力に推進しているのが佐藤議長であると協調しました。また、「横浜市のさまざまな課題の解決に向けてさらに力を発揮していただきたい」と述べました。そのほか、自民党県連会長菅義偉衆院議員、同横浜市連会長松本純衆院議員、片山さつき参院議員、林文子横浜市長など多数の来賓から祝辞がありました。

 

○  4日(火)  

党県本部打合せ、黒岩県知事に申入れ、地元挨拶まわりなど

・  党神奈川県議団とともに、県庁内で黒岩祐治県知事に会い、「安全・安心な社会基盤施設の再構築を求める要望書」を渡しました。神奈川県内では、橋りょう、下水道、港湾などの都市基盤の老朽化が進行しており地震などの大規模災害が発生した時の安全性に懸念が高まっていることを指摘し、点検と更新を集中的に行う必要性を強調しました。また、「事前に補修等の対応を行い大切に使っていけば、壊れてから取り替えるよりトータル・コストも少なくてすむ」と述べ、推進を要請しました。黒岩知事からは、公共事業がすべてムダだと言うような論調は憂慮しており、防災などに必要な更新事業等は積極的に推進していきたいとの意向が示され、国からの補助の拡充などへの要望がありました。

 

 

○  5日(水) 

二俣川駅南口前で朝の挨拶、党公認会計士制度議員懇話会など

 

○  6日(木) 

党本部で打合せ、記者会見(参院選神奈川選挙区候補予定者公認発表)、党県本部打合せ、支持者会合で幕間挨拶など

・  県庁内で党県本部の記者会見を開き、明年の参議院選挙神奈川選挙区の予定候補者に佐々木さやかさんの公認を決定したことを発表しました。冒頭、県本部代表・候補者選考委員長である私からここに至る経緯を説明した上で、佐々木さんから公認決定に当たっての決意と抱負が述べられました。

佐々木さやかさんは、31歳、弁護士。青森県出身で、現在は横浜市在住。党女性局次長、同青年局次長。

 

 

○  7日(金) 

和田町駅前で朝の挨拶、スタッフと打合せ、地元挨拶まわりなど

 

 

○  8日(土) 

党県本部臨時大会・幹事会、商店街イベント、地域の祭礼(3か所)など

 

○  9日(日) 

地区社会福祉協議会主催敬老祝賀会、結婚披露宴、知人の通夜など

 

 

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告