Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

先週の活動レポート:保土ヶ谷・旭の区民まつりなど(10月15日~10月21日)

 

先週末は、保土ヶ谷区・旭区でそれぞれ区民まつりが開催されました。保土ヶ谷区は土曜日に保土ヶ谷公園広場などで、旭区は日曜日に鶴ヶ峰の鎧の渡し緑道・区役所駐車場・鶴ヶ峰公園などで行われました。両方とも、区内の各種業界団体・地域活動団体・福祉団体などさまざまなグループが、展示や模擬店を出店して、大勢の市民で賑わっていました。

 

○ 15日(月)         

希望が丘駅北口前で朝の挨拶、地元挨拶まわり、横浜農業共同組合役員と懇談、独デュースブルグ・エッセン大学クライン教授と懇談など

 

都内で、ドイツ・デュースブルグ・エッセン大学現代アジア研究所アクセル・クライン教授と、①現在の政治情勢と総選挙の見通し、②自民党・公明党の選挙公約の考え方、③民主党の分裂や新しい政党の動きなどについて懇談しました。同教授は、昨年まで都内にあるドイツ日本研究所(DIJ)で研究員をつとめており、日本政治が専門です。私は、これまで同研究所主催のワークショップで講演したほか、度々意見交換等の機会を持ってきました。

 

  16日(火)          

地元挨拶まわりなど

 

  17日(水) 

西谷駅前で朝の挨拶、党本部での総合企画会議など

 

 

  18日(木) 

二俣川駅南口前で朝の挨拶、神奈川県喫茶飲食生活同業組合の「喫茶・スナック・レストランフェア」地元挨拶まわり、保土ヶ谷区特産の「ほどじゃが焼酎」試飲会、「二十日会」(交流会)定例会など

 

  夕刻から毎年恒例となった「ほどじゃが焼酎試飲会」に参加しました。保土ヶ谷区民有志の発案で、区内の農地で栽培されたジャガイモを原料とする焼酎が製造されていますが、毎年新酒の試飲会が行われています。日本ではじめて本格的にジャガイモ栽培を行ったのが現在の保土ヶ谷区であると言われており、それに因んで、地域おこしの意味も込めて焼酎を製造することになった経緯があります。

 

  19日(金) 

党団体政策懇談会、事務所スタッフと打合せ、保土ヶ谷区内企業創立45周年記念祝賀会など

  党団体渉外委員会主催で実施された、①日本フードサービス協会、②日本商工会議所、③日本自動車会議所等自動車関係団体、④全国中小企業団体中央会の4団体との政策懇談会に出席しました。各団体から、明年度の予算・制度や税制改正に関する要望等を伺い、意見交換を行いました。日本フードサービス協会からは、消費税の軽減税率導入への反対、BSE問題の終息に向けて肉牛の全頭検査の中止について要望がありました。また、日本商工会議所からは、TPP交渉の推進や事業承継税制の拡充などについて、自動車関係団体からは、自動車取得税・重量税の見直しなどの要望がありました。

 

 

  20日(土) 

保土ヶ谷区民まつり(保土ヶ谷公園)、二俣川駅北口前及び保土ヶ谷駅西口前で街頭演説など

  

 

  21日(日) 

連合町内会運動会、旭区民まつり(鶴ヶ峰公園・鎧の渡し等)、希望が丘駅前及び松原商店街付近で街頭演説、保土ヶ谷区三師会(医師会・歯科医師会・薬剤師会)役員会など

 

 

 

 

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告