今週の一言(11月30日)日本再建へ!選挙戦がスタート

19

 

12月4日総選挙公示

 4日に衆議院総選挙が公示となり、16日投票までの選挙戦がスタートします。私は、神奈川6区(横浜市保土ヶ谷区・旭区)から、前回までと同様に公明党公認・自民党推薦で、捲土重来を期して立候補の予定です。

旭区二俣川に選挙事務所を、保土ヶ谷区天王町に政党事務所を開設の予定です。

 

公明党神奈川県本部では県内自民党候補予定者の推薦を決定

 公明党神奈川県本部では、推薦依頼のあった県内16の選挙区で、自民党候補予定者の推薦を決定しました。ともに、連携・協力して停滞した政治の流れを変えて、国民の皆様のご期待にお応えすることができる政権の確立をめざしてまいります。

 

自公が協力して信頼できる政権をめざす

 衆議院選挙は、これから数年間にわたる日本の政治の舵取りを行う政権の枠組みを国民に選択していただく選挙となります。

 民主党政権は、この3年間の経済や外交政策の体たらくを見れば、政権担当能力がないのは明らかです。解散決定後にも離党者が続出していることが、失政の何よりの証明です。また、最近いわゆる“第三局”をめざす新しい党が続々誕生していますが、未だに離合集散を繰返して、それぞれの政党の理念や基本政策すら判然としないものとなっています。

経済・外交・社会保障制度改革など山積みの問題に対処するため、自民党・公明党が連携・協力して、信頼していただける政権を確立していく決意です。経済・外交・社会保障制度改革など山積みの問題に対処するため、自民党・公明党が連携・協力して、信頼していただける政権を確立していく決意です。

 

山積する課題に全力で取組む

 次の政権が取組まなければならない最優先の課題は、①悪化している景気・雇用を立直す緊急対策の実施と日本経済の成長力・競争力の回復、②東日本大震災の復興促進と首都圏の防災・減災対策の強化、③日米関係の改善を含めた外交・安保政策の再構築です。私は、これまでの経験と確かな政策力をフルに活用して、日本再建のために全力を尽くしてまいります。

 

公職選挙法により、選挙期間中はウェッブサイトの更新やtwitterfacebook の発信が制限されていますので、しばらく休止します。