先週の活動レポート:補正予算が衆院で可決など(2月11日~2月17日)

66

 

衆院でようやく補正予算が可決され、参院に送付されました。自公与党のほか維新の会が賛成しましたが、他の野党は反対に回りました。この三党では、参院で過半数に達しないため、難しい国会対策が予想されます。景気・雇用対策を早期に実施していくためにも、一日も早い成立が望まれます。

 

  11日(月)〈建国記念の日〉

神奈川県医師会創立65周年式典・懇親会など

 

  12日(火)

寒川町議選関口光男候補出陣式、ケニヤ国連代表部カマウ大使面談、党政調部会長会・全体会議、与党政策責任者会、日本労働組合総連合会(連合)木村副事務局長懇談など

 

 

  13日(水)

ビジネス・ブレークスルー大学大前研一学長意見交換、党総合企画会議、「北朝鮮により拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」(拉致議連)総会、神奈川県麺類生活衛生同業組合賀詞交歓会、杉浦正健元法相ら懇談など

・都内のビジネス・ブレ-クスルー大学を訪問し、大前研一学長と中小企業金融のあり方や今後の成長戦略の考え方などについて意見を交換しました。大前氏は、安倍内閣の短期的な経済政策は正しいとの見方を示すとともに、中長期的な成長戦略に対してはまだ内容が判然としないとの意見を述べました。成長力を高めていくためには規制改革が必要であるが、その効果が表れてくるためには相当時間がかかるとの考えを述べて、その中でも即効性が高いのは都市部における容積率等の建築規制の大幅な緩和であると提案しました。

 

  14(木)

党中央幹事会、党両院議員団会議、本会議、ジョンズホプキンズ大学G・プリエセ研究員面談、党政調部会長会・全体会議、元神奈川県医師会長馬嶋正剛先生旭日双光章受章祝賀会など

・衆院本会議において、平成24年度補正予算3案及び「地方交付税法改正案」など関連2法案がいずれも賛成多数で可決され、参院に送付されました。参議院において速やかに審議を行い、早期に成立することを期待します。

また、原子力規制委員会委員長・委員などの国会同意人事が承認されたほか、裁判官訴追委員、国土審議会委員などが指名されました。さらに、全会一致で「北朝鮮による三度目の核実験に対する抗議決議」が可決されました。

 

  15日(金)

党農林水産部会、党内閣・総務合同部会、党内閣・財政金融・経済産業合同部会、「北朝鮮により拉致された日本人を救う神奈川の会」ほか面談、自由民主党保土ヶ谷連合支部賀詞交歓会など

・保土ヶ谷区内で自由民主党保土ヶ谷連合支部の賀詞交歓会が開かれ、来賓として挨拶を行いました。当日は、連合支部田中忠昭支部長、(市会議員)坂井太幹事長(市会議員)、高橋栄一郎総務会長(県会議員)が順次挨拶したのち、松本純自民党横浜市連会長と島村大参院選予定候補が来賓として挨拶を述べました。

 私は、昨年の衆院選に対する御礼を述べるとともに、自公新政権発足後の着実な実績を紹介しながら、与党の立場で内閣を支えて日本再生に全力で取組むとの決意を述べました。

 

 

 

  16日(土) 

旭区内の地域防災拠点防災訓練、旭区内の地区社会福祉協議会の餅つき大会、党神奈川県本部議員OBの会、事務所スタッフ打合せ、神奈川県社交生活衛生同業組合賀詞交歓会など

 

  17日(日) 

上中白根少年少女スポーツ大会開会式、党神奈川県本部参院選対策会議、菅原進川崎市議後援会「新春の集い」、保土ヶ谷区内の商店会賀詞交歓会(2会場) など