先週の活動レポート:参院選公示・佐々木さやか候補が出陣など(7月1日~7月7日)

65

 

 参議院選挙が公示となり、21日までの選挙戦がスタートしました。神奈川選挙区では、新人の佐々木さやかさんが初挑戦します。11名の候補者が名乗りを上げ、大混戦の様相を呈しています。その中にあっても、若さと行動力、政策を実現する見識と能力という意味では抜群の候補者だと確信しています。どうか、皆さまの力強いご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

  1日(月)

綾瀬市内の企業の朝礼、「国会版社会保障制度改革国民会議」世話人打合せ、警察庁・日本銀行・財務省と打合せ、地元あいさつ回り、党県本部主催「かながわフォーラム2013」(時局講演会)など

 

 

 

  2日(火)

神奈川県農業協同組合中央会志村会長ほか、地元あいさつ回り、横浜金港ライオンズクラブ発足例会など

 

  3日(水)

保土ヶ谷駅西口前で朝の国政報告、「国会版社会保障制度改革国民会議」報告書発表会見、地元あいさつ回り、「二俣川ちょい呑みフェスティバル」、党県本部選対企画会議など

 

 

「国会版社会保障制度改革国民会議」の報告書を取りまとめ、世話人で記者会見を開いて発表しました。同会議は、河野太郎衆院議員が中心になって、自民・民主・公明・みんな・維新の超党派の有志議員で、将来にわたる日本の社会保障制度のあるべき姿について、研究者や関係者との意見交換も行いながら検討を行ってきました。

報告書は、消費増税にともなう短期的な施策としての制度設計についての提言ではなく、長期的な制度の改革の方向性について考え方を取りまとめたものです。改革の3原則として、①国民がガバナンスできる、わかりやすく簡素な制度に、②将来世代にも責任を果たせる持続可能な制度に、③国民(受益者であり負担者)サイドからの改革が不可欠を明記し、ナショナル・ミニマムの明確化など「制度横断的に解決すべき課題」と、年金・医療・介護・子育てなど制度ごとの改革の提言を盛込みました。報告書の全文は、一橋大学の小黒一正准教授が次のサイトで紹介してくれていますので、ご参照ください。http://agora-web.jp/archives/1546396.html

 

 

  4日(木)≪参議院選挙公示≫ 

佐々木さやか選挙事務所開所式、桜木町駅前、横浜駅西口前で街頭演説、林横浜市長、米国大使館主催独立記念日レセプションなど

・参議院選挙が公示となりました。神奈川選挙区佐々木さやか候補の選挙事務所開所式(10時過ぎ)、桜木町駅前での太田国土交通大臣が来援しての第一声の街頭演説(11時)、横浜駅西口前での山口代表が来援しての街頭演説(17時)に参加して、挨拶しました。佐々木さやかさんからは、「かながわ力を生かして経済を活性化していきたい」と力強く訴えました。

  

 

 

  5日(金)

保土ヶ谷区内の企業の朝礼、事務所スタッフと打合せ、地元あいさつ回り、横浜市内の企業の集会、党県本部拡大対策会議、広川元横須賀市副市長、党県本部選対企画会議など

 

  6日(土) 

相模原市内の企業の朝礼、地元あいさつ回り、保土ヶ谷区内の地域の「七夕まつり」、横浜市医師会一般社団法人移行・新役員就任祝賀会など

 

  7日(日) 

平塚市内の企業の朝礼、保土ヶ谷区内の商店街イベント、「通木一成先生お別れの会」、「鎌谷いさむ会」(後援会)懇談会など