Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

今週の一言(8月23日)横浜市長選・林文子候補へのご支援お願い申し上げます

 

825日横浜市長選で林文子現市長を推薦

 25日は横浜市長選挙の投票日です。公明党では、自由民主党、民主党とともに、二期目をめざす現市長の林文子候補を推薦しています。何卒皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。

 この時期に選挙が行われるのは、4年前に中田前市長が、任期半ばで突然辞任した結果です。しかも、自らが主導した横浜開港博覧会が開催中であった最中の辞職には驚かされました。

 

林市長推薦の理由 

 林文子さんの推薦を決定した理由は、第一に、4年間多くの実績を残してきたことを高く評価するものです。第二に、議会との良好な協力関係を築くとともに、市職員との信頼関係も強く、着実に政策課題に対処する体制をつくったことです。第三に、“おもてなしの心”を市行政に浸透させて、市・区役所の窓口対応が改善されたと市民から評価されていることです。

 

待機児童解消や防災・減災に実績

 林市政の実績で最も知られているのが、保育所の待機児童を解消したことです。“横浜方式”と呼ばれる、従来の規則や基準の枠にとらわれず、多様なアイデアを活用して民間の創意工夫を引出すことによって保育所の定員確保を実現したことは高く評価できます。公明党市議団から提案した、“保育コンシェルジュ”(保育を必要とする保護者のニーズの相談にのり情報を提供する専門の職員)の各区への配置などを推進しました。こうした、効果的な対応ができたのは、議会との良好なコミュニケーションを築き、職員との信頼関係があった結果だと考えます。

 また、横浜市民の生命・身体・財産を守る防災・減災対策にも力を入れてきました。私が推進してきた、幹線道路や避難経路の“空洞化”対策についても、党市議団の強力なバックアップもあって、林市長もさっそく総点検に着手しました。

 そのほか、横浜港の整備推進、市内中小企業の経営支援、公立学校への空調設備の普及など豊富な実績を残してきました。こうした経験を踏まえて、横浜市の活性化と市民生活の向上に貢献してくれるリーダーだと考えています。

 

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告