先週の活動レポート:党安全保障研究会をスタートなど(3月17日~3月23日)

54

 

 国会は新年度予算が成立して、これから後半戦に入ります。経済再生、外交・安保、医療・介護など重要課題は山積みですが、全力で取組んでまいります。

 

〇17日(月)

二俣川駅北口前で朝の挨拶、防衛研究所一般研修で講演、日本セルビア協会総会・懇親会など

2014.3.17二俣駅頭 2014.3.17二俣駅頭 (2)

 

〇18日(火)

党憲法調査会(国民投票法案)米国大使館ハーハイ政治部次長ほか、与党安全保障プロジェクト・チーム、本会議(チュオン・タン・サン ベトナム国家主席演説)、本会議(「在外公館名称・位置・給与法案」など議了案件可決、「国家安全保障戦略」などに対する代表質問)、チュオン・タン・サン ベトナム国家主席と会談など

・迎賓館で、党山口代表らとともに来日中のベトナムのチュオン・タン・サン国家主席と会談しました。会談では、サン主席は、日越間の文化・教育交流の拡大、南シナ海での海上交通の安全確保と法に支配による平和の維持などについて両国の協力強化の重要性が強調されました。また、会談に先立ってサン主席は衆議院本会議場において演説を行っています。

 

〇19日(水)

党外交安保調査会(駐中南米大使との意見交換など)、党総合エネルギー調査会(エネルギー基本計画案など)、党外交安保調査会(防衛装備移転新原則など)、党総合企画会議、党財政金融部会(月例経済報告など)、ヴァシレフ駐日ブリガリア大使、臍帯血搬送ボランティアグループ感謝の集い、党農林水産部会(養豚農業振興など)、党外交安保調査会「安全保障に関する研究会」、外務大臣主催駐中南米大使らとのレセプションなど

2014.3.19ブルガリア大使 2014.3.19ブルガリア大使 (2)

・党外交安全保障調査会では、大使会議のため帰国中の駐ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、ジャマイカ大使から国情報告を受け、意見交換を行いました。中南米諸国は、いずれも親日的で、経済発展の可能性が高いとの報告でした。残念ながら、日本の経済界の関心は十分に高くないとの話で、政府首脳の訪問や議員外交の拡大への期待が述べられました。また、同日夕刻には、外務省飯倉公館において懇談会が開催されました。

・党外交安保調査会に、「安全保障に関する研究会」を設置し、第一回会合を開きました。中国の軍事的な攻勢や北朝鮮情勢の混迷などわが国をとりまく安全保障の環境が変化する中で安全保障政策に関する議論が活発になっています。この研究会は、そうした議論の前提として、現在の安全保障政策の基本方針や関連法制度などについて的確に把握することを目的としています。第一回会合においては、関係政府機関から①日米安全保障条約、②周辺事態対処法、③武力攻撃事態における国民保護などの法制度、④自衛隊の任務と法制について説明を受けて、質疑応答などを行いました。

2014.3.19外交安全 2014.3.19外交安全 (2)

 

〇20日(木)

内閣官房国家安全保障局・外務省(ODA大綱見直し)・内閣府(防災)と打合せ、党両院議員団会議、党日本経済再生本部会合(経済財政諮問会議報告・国家戦略特区など)、外務委員会理事懇談会、地元支持者との懇談会、「二十日会」(交流会)定例会など 

・党日本経済再生本部において、内閣府から経済財政諮問会議における最近の議論の状況などについて報告を受けました。経済財政諮問会議では、「選択する未来委員会」を設置して、これからの人口減少社会の見通しやそれを前提にして現在選択するべき政策の基本的な考え方について議論しています。また、「対日投資に関する有識者懇談会」を設置して、海外からの直接投資を倍増するための施策について議論しています。これらの結果は、夏に策定する「骨太方針」や「日本再興戦略」の見直しに反映する方針です。

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/

2014.3.20日本経済再生

 

〇21日(金)〈春分の日〉

党県本部で2015年統一地方選挙打合せなど

 

〇22日(土)

事務所スタッフと打合せ、防衛大学校第58期卒業式、党県本部で2015年統一地方選挙打合せなど

2014-03-21 16.14.39 2014-03-21 16.33.33

 

〇16日(日)

地域の老人クラブ誕生会、党県本部で2015年統一地方選挙打合せなど