活動レポート:福岡での「日韓フォーラム」に参加など(8月4日~8月10日)

64

 大型の台風11号による大雨のため全国各地で大きな被害が発生しました。被災された皆さまにお見舞い申し上げます。幸いにも首都圏では大きな被害はありませんでしたが、荒天によるさまざまな影響を受けました。

 

  • 4日(月)神奈川東部方面線(相鉄―JR直通線)工事現場(西谷・羽沢付近)視察、党県本部自治体予算要望ヒアリング(座間市・綾瀬市・愛川町・清川村)など・(独)鉄道運輸機構等で事業実施中の神奈川東部方面線の工事現場の視察を行いました。同事業は、都市鉄道利便増進事業として実施されており、相鉄線西谷駅付近とJR貨物線羽沢駅付近をトンネルで結ぶことにより、相鉄線とJR線の直通運転を可能にするものです。当日は、西谷付近のトンネル工事及び架橋工事、羽沢付近のトンネル工事及び駅舎工事について現場で説明を受けました。(事業については、http://www.chokutsusen.jp/をご参照くさい)

20140804_111325  20140804_112237

20140804_140346  20140804_144247

 

  • 5日(火)来客応対、党政調全大会(東日本大震災与党第4次提言 了承)、防衛省・内閣(国家安全保障会議事務局)打合せなど

 

  •  6日(水)党結党50周年ビジョン委員会、党総合企画会議、党外交安全保障部会(平成27年度予算重点要望)、中小企業庁・人事院(人事院勧告等)打合せ、神奈川県宅建協会横浜西部支部「サマーフェスタ」、支援者懇親会など

 

  • 7日(木)国際交流協会(JCIE)主催「第22回日韓フォーラム」(福岡市)など・7日~9日、福岡市内で「第22回日韓フォーラム」が開催されました。これは、1993年以来毎年、両国の政治家、経済人、学者、ジャーナリストなどのオピニオン・リーダーが参加して、政治、経済、文化など幅広い分野にわたり両国の交流を図るものです。国際交流協会(JCIE)及びコリア・ファウンデーションが主催しています。議長は、日本側は茂木友三郎キッコーマン㈱名誉会長、韓国側はユ・ミュンハン世宗大学理事長(前外交通商部長官)が務めています。

    本年は、開会式の後、3日間にわたり以下の6つのセッションが行われました。

    第一セッション:日韓両国の国内政治の現状と展望

    第二セッション:北東アジアの情勢と米国の役割

    第三セッション:日韓両国の国民感情の悪化~世論の変化とメディア

    第四セッション:東アジアの地域経済と日韓協力

    第五セッション:日韓国交正常化50年をどう迎えるか

    第六セッション:日韓の地域間交流がひらく未来~福岡・釜山を事例に

    各セッションとも、日韓各1名が約15分間の冒頭発言を行い、それに基づき自由討議の形式で行われました。内容等の詳細はJCIEのホームページをご参照ください。

    http://www.jcie.or.jp/japan/gt/kjf.html

     

  • 8日(金)「第22回日韓フォーラム」(福岡市)など 
  • 9日(土)「第22回日韓フォーラム」(福岡市)、地域の盆踊り会など 
  • 10日(日)地域の神輿愛好会、横浜芸術学院アカデミー・パーティーなど