Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

今週の一言(8月29日)

【有意義だった外務委員会の北海道現地調査】

 

82627日、衆院外務委員会では北海道の現地調査を実施しました。主な日程としては、①航空自衛隊千歳基地でロシア軍機の領空侵犯への対処、②国際協力機構(JICA)北海道センターで外国の技術者への農業開発研修などの国際協力事業、③北海道庁で海外からの観光・投資拡大や外国人等による水源地等の土地取得問題、④ニセコ・倶知安町で海外からの観光客拡大の取組みや課題など幅広いテーマに関して関係者と意見交換を行い、知見を深めることのできた有意義な調査となりました。

 

 

 

【空自千歳基地:急増するロシア軍機へのスクランブル】

 

昨年度は、自衛隊機のスクランブル(外国軍機等による領空侵犯の恐れのある行為に対処するための緊急発進)が810回と前年度比で1.4倍に増え、その4割以上をロシアが占めています。これは、冷戦終結前の水準に匹敵する回数に達しています。千歳基地では、最近のわが国領空付近でのロシア軍機の活動実態について報告を受け、自衛隊戦闘機によるスクランブル任務の実施手順を視察しました。365日・24時間体制で監視を行い、常時発進できる体制を維持しています。

 

 

 

【北海道庁:水資源保全条例等について意見交換】

 

 北海道庁では、海外からの観光客や投資受入れの拡大に向けて取組んでいる施策について説明を伺いました。また、近年外国人・法人による山林などの買収が増加しており、その目的が不明確である実態の報告があり、水源地の保全を目的として制定した条例について意見を交換しました。北海道からは、現行法では外国人等による土地取得を把握して、規制する術がなく、国として少なくとも水源地や防衛施設近隣については、監視・規制のルールを整備するよう要望がありました。

 

 

 

【ニセコ・倶知安:観光振興の成功事例について調査】

 

 ニセコ町・倶知安町は、世界的なスキーリゾートとして、オーストラリアはじめ海外からの延べ宿泊数が年間38万回と10年間で10倍以上に増加している国際観光の先進地です。両町長から、これまでの取組みや今後の計画について伺いました。その後、地域に定住して観光業などの事業に携わっている外国人から、海外からの観光客受け入れ拡大について意見を伺いました。

景観、秩序や安全・サービスの質の維持・向上など“ブランド力”を創り上げることが重要であり、そのためには行政と民間が協力して適度な開発規制等を行うことが不可欠だと感じました。また、海外に売込んでいくには外国人が何を求めているのかを掴み、そのニーズに合ったサービスを訴えていく“マーケッティング”が重要であることがわかりました。また、その地域だけに限らず東京や札幌を含めた日本全体の魅力をアピールすることが成功のコツだとの意見には感心しました。

 

 

 

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告