【いさむの一言(12月2日)】 衆院選がいよいよ公示!

99

本日、いよいよ衆院選が公示を迎えました。
私、上田いさむは、保土ケ谷区・旭区からなる神奈川6区から出馬します。

 

12月14日の投票日を目指し、最後の最後まで走り抜いていきますので、皆様のさらなるご支援をよろしくお願い致します。

 

さて今回の衆院選の大きな争点は、「経済再生か、再び混乱か」。
つまり、「与党が進める経済政策(アベノミクス)を継続させるのか、それとも、再び野合政党にゆだね、混乱の政治に戻してしまうのか」という点にあります。

 

2012年に自公政権が発足して以来、絶え間なく手を打ってきた結果、株価は2倍に上昇、有効求人倍率は22年ぶりの高水準となり、就業者数も約100万人増加しました。

平均2%を超える賃上げアップは、過去15年間で最高です。
今ここで、本格的な景気回復、財政再建への歩みを止めることはできません。

 
私が特に力を注いでいるのが、小規模事業者の活性化です。
町工場などの小規模事業者こそ、日本が世界に誇る「ものづくり」を支える、社会の屋台骨です。ここが元気になってこそ、本当の経済再生と、希望の明日が見えてきます。

 
これまで私は、国・地方公共団体・商工会議所などが一体で小規模事業者を支援する「小規模企業振興基本法」の制定に取り組み、地域の金融機関と連携した総合的な支援体制を確立することができました。

 
上田いさむは、断固たる決意で今回の衆院選に勝ち抜き、本格的な景気回復、経済再生をやりとげてまいります!