【いさむの一言(12月12日)】 皆が暮らしやすい社会へ バリアフリーを推進

93

いよいよ残りあと2日。決戦の日まで、力の限りに駆け抜けます!皆さまの力強いご支援を心よりお願い申し上げます。

 
高齢の方や、障がいのある方など、どんな方でも安心して暮らせる街づくりに、上田いさむは取り組んできました。今や、電車の駅などにはエレベーター等が設置され、「バリアフリー」であることが当然になっています。

 
しかし、かつては公共交通機関のバリアフリー化に対して、政府は”民間企業の仕事”と消極的でした。私は、その姿勢を転換させるために粘り強く交渉するなど、駅や車両のバリアフリー化を進める「交通バリアフリー法」制定に携わりました(2000年施行)。

 
その後、地域の皆さまからの様々な要望を受けて、相鉄線・二俣川駅や鶴ヶ峰駅、三ツ境駅などに、エレベーターやエスカレーターを設置することができました。今では多くの方に利用していただいています。

 
上田いさむはこれからも、皆さま、お一人お一人が暮らしやすい社会づくりを、必ずやりとげます!