【いさむの一言(4月13日)】統一地方選へのご支援ありがとうございました

58

 

公認候補者全員が当選

 4月12日投開票の神奈川県議選・横浜・川崎・相模原の政令市議選では、公明党公認候補者47名全員が当選いたしました。

 知事選では推薦した黒岩祐治氏が、相模原市長選では推薦した加山俊夫氏が再選されました。神奈川6区の保土ヶ谷区・旭区から立候補した公明・自民の与党の県会3名、市会5名全員が当選しましたが、自民党市議候補1名が惜敗したのは断腸の思いです。

 皆さまの真心からのご支援で大勝利させていただきました。厚く御礼申し上げます。

 

候補者とともに街頭演説など

 選挙期間中は、各地で候補者とともに街頭演説や個人演説会で応援演説を行いました。横浜市鶴見区・神奈川区・南区・中区、金沢区・青葉区・都筑区・緑区・旭区・泉区・瀬谷区、川崎市麻生区・高津区、藤沢市、大和市、相模原市中央区の各地に伺いました。

 雨の日が多く、季節外れの厳しい寒さの中での選挙戦でした。そうした中にもかかわらず、どこの地域でも熱いご声援をいただき、まことにありがとうございました。

 

実績を訴えてきた候補者

 公明党の公認候補者は、防災・減災対策、子育て支援策、医療・介護の充実等々これまでの“実績”を具体的に訴えていました。候補者が、地域の皆さまのご協力をいただきながら、しっかり“仕事”をしてきたことを物語っています。地域のニーズを掌握して、政策を実行してきた公明党の姿勢に対しては、高く評価されているのを実感しました。

 

全力で後半戦も完全勝利を!

 今月26日には、統一地方選の後半戦となる10市・3町の議会議員選挙が行われます。公認候補者45名が挑戦する予定です。完全勝利をめざして全力を尽くしてまいりますので、絶大なご支援をお願い申し上げます。