【いさむの一言(7月4日)】参院選が最終盤に突入!三浦氏へのご支援をお願いします!

52

安倍総理来援!自公力を合わせての選挙戦を展開

 6月22日にはじまった参議院の選挙戦が最終週に突入しました。神奈川選挙区から、公明党公認・自民党推薦で立候補している三浦のぶひろさん(41歳・新人)へのご支援をお願い申し上げます。23日には自民党谷垣幹事長、27日には安倍総理が応援に入り、三浦候補と一緒に街頭で訴えました。また、30日には“ひげの隊長”こと自民党の佐藤正久参院議員が街頭演説に立ちました。佐藤氏は、三浦候補の福島高校の先輩であるとともに、防衛大学校のご縁での来援です。今回の選挙戦は、自民・公明両党が力を合わせて、勝利を目指して全力で取組んでいます。

 三浦のぶひろ候補のプロフィールや政策については、ホームページに掲載しています。https://miura-nobuhiro.com/ また、連日街頭での活動を行っていますが、その様子は、facebookや Twitte で発信されています。ぜひ一度ご覧になってください。

神奈川選挙区は全国稀に見る乱戦

 神奈川選挙区は、定数4に対して12名が立候補、しかもそのうち4名が現職という、全国でも稀に見る大乱戦となっています。多くの候補者が横一線という激戦になっており、三浦候補も新人ゆえのハンディーもあり、なかなか混戦から抜け出せていないのが現状です。どうか、皆様の今一歩のご支援をお願い申し上げます。

BS11「インサイド・アウト」に出演

 28日夜には、BS11の報道番組「INsideOut」(インサイド・アウト)こちらをクリックして下さい

の主要4党の代表による政策討論に出演しました。①英国のEU離脱の国内経済への影響、②“アベノミクス”の評価と今後の経済政策の方向性、③参院選で訴えていくことがテーマでした。アベノミクスの金融・財政政策の方向性は適切であるが、思っていた通りに成果が上がっていない面があるのは事実だと認めて、経済再生を実現するためには「成長の実感を家計・中小企業・地方へいきわたらせることが重要だ」と強調しました。また、世界経済の動きに不透明感が増す中で、政治の安定と政策の信頼性が重要だと述べました。