【いさむの一言(7月18日)】経済再生に力強く前進する

58

有権者の6割が経済政策を支持

7月10日に実施された参議院選挙の最大のテーマは、内閣・与党の経済政策、いわゆる“アベノミクス”に対する評価でした。比例区では、自民・公明の与党が2千7百万票超(49.4%)を得票することができました。“アベノミクス”に基本的に賛成である維新・こころ・改革の野党3党を加えると、6割の支持が得られたことになります。“アベノミクス”を批判してきた民進・共産・社民の3党の合計36%を大きく引離しています。
内閣・与党が進めてきた経済政策の基本的な方向性に対する国民の支持をいただくことができた理解しています。

 

得 票 数                       得 票 率
与 党                                             27,687,769                             49.4%

維新+こころ+改革                    6,468,261                                11.5%

計(アベノミクス支持)            34,156,030                             60.9%

民進+共産+社民                         14,970,717                              36.3%

その他                                              1,480,592                                 2.7%

 

 

 

経済再生に向けてさらに前進を

“アベノミクス”の金融・財政政策は効果を発揮し、雇用や企業収益の改善など着実な成果が出ています。しかし、期待された通りの成果が上がっていないのは否めません。世界経済の減速、個人消費や設備投資の伸び悩みなどの要因で、成長率の目標は達成できていません。
最大の原因は、人口減少時代に入る中で、少子化対策や高齢者介護などの社会構造上の課題への対応が十分ではなく、将来不安が十分に解消できていない点にあると考えます。内閣・与党では、こうした構造問題にも的確に対応するため「一億総活躍プラン」を着実に推進し、経済の好循環を達成していきます。これまでの“アベノミクス”の基本的な方針を維持しながら、不十分であった部分を修正・補強しながら、経済再生に向けてさらに力強く前進していく決意です。

 

 

 

内閣・与党で経済対策の検討に着手

足もとの経済情勢は、新興経済の減速や英国のEU離脱などにより資本・為替市場が不安定になるなど先行き不透明感が増しています。内閣・与党では、ここまでの好い流れを逆戻りさせることは絶対できないと考え、早速、経済対策の策定に着手しました。当面の需要不足に対処する所得補填や公共事業はある程度必要ですが、経済成長戦略をバックアップし、経済・社会の構造問題に的確に対応するための投資を対策の柱にしていくべきです。