Youtube
ブログカテゴリー
ブログアーカイブ
mobile_qr
佐々木さやか公式ウェブサイト
三浦のぶひろ 公式ウェブサイト|公明党国際局次長・青年局次長|参議院選挙 神奈川選挙区で公明党が公認を決定

【今週の一言(1月1日)】激動の2017年に安定と決断の政治をめざす!

新年明けましておめでとうございます

旧年中は、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。とりわけ、夏の参議院選挙では絶大なご支援を頂戴し、まことにありがとうございました。本年もご指導・ご鞭撻のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

 

混迷を深める国際情勢

昨年は世界中に激震が走りました。米国の大統領選でのトランプ氏の勝利、英国の国民投票でのEU離脱決定、韓国のパク大統領の失脚など国際政治に不透明感が広がりました。また、アメリカやヨーロッパ各地での悲惨なテロの多発、シリア内戦はじめ中東情勢の悪化など世界が混迷の時代にあります。世界的に、排外的な思想や保護主義的な経済を主張する政治勢力が台頭しています。日本を取り巻く情勢は、中国や朝鮮半島の動向など不確実性に満ちています。

 

不確実性の時代には政治の安定が重要

不確実性に満ちた世界であるからこそ、政治を安定させ、経済・貿易や外交・安全保障の諸課題に的確かつスピード感をもって対処していくことが重要になっています。自民・公明の与党はしっかりと協力して、政治の安定と政策の着実な実行に責任をもって取組んでいきます。

 

成長力向上に大胆な改革が必要

経済再生へのチャレンジは第3ステージに入ります。これまでの日本の経済社会の構造を抜本的に改革する必要があります。

第一に、超少子高齢社会に対応した持続可能な福祉社会への転換をめざし、社会保障の給付と負担の見直しや新たなニーズへの的確な対応が重要です。

第二に、企業経営者の能力向上と働き方の改革が重要です。優秀な労働者が長時間働いても、なお生産性が先進国の中で最低レベルという現状を打開していく必要があります。

第三に、他の先進諸国と比べて、生産性の低い第一次産業、流通・サービス、健康・医療分野での非効率な規制やビジネス慣行を改めて、成長の柱にしていく必要があります。

こうした改革は、一夕一朝に達成できるものではありません。現在の秩序・慣行を改革する際には、大きな抵抗があるのは当然であり、強力な政治的な決断が求められます。長期的な改革の目標とスケジュールを明確にし、合意形成を図りながら漸進的に実行していく必要があります。本年は、大胆な改革の道筋をつけていくために、安定と決断の政治をめざしていきます。

 

image_print

上田いさむメールマガジンに登録

メールアドレス



空メールを送信するだけでメルマガ登録が完了します

メルマガについて詳しくはこちら

spotnews
いさむのひとこと
上田いさむの活動報告