【いさむの一言(6月5日)】経済成長のカギは人材力・革新力・経営力

53

 

会期残り二週間で法案成立を期す

 関心の高い、天皇陛下御退位に関する事項を定める特例法案や衆院選挙の一票の格差を是正する区割改正法案は衆院で可決されました。幅広い合意形成をめざして丁寧に議論を重ねた結果、野党のほとんどの賛成を得ることができました。また、性犯罪対策を強化する刑法改正案の質疑もスタートしました。通常国会の会期も残りあと二週間となりましたが、必要な法案を確実に成立させるために全力を尽くしてまいります。

 

内閣・与党で骨太方針・成長戦略の議論が進む

 「経済・財政運営と改革の基本方針」(いわゆる“骨太方針”)のほか、成長戦略、規制改革、地方再生に関する基本方針などこれからの内閣・与党の政策運営の基本方針を示す重要な政策文書の決定に向けて本格的な議論を進めています。閣僚・有識者で構成されるそれぞれの会議体で議論して作成された“素案”が提示され、与党と了承を経て、今週中に閣議決定の予定です。今後の予算編成や法・制度改正の方向性が決まる重要な内容を含んでいるので、与党で慎重に検討を行っています。各文書の素案等は首相官邸のホームページにアップされています。

こちらをクリックして下さい

 

成長戦略のカギは人材力・革新力・経営力

 「骨太方針」と「成長戦略」については、私が会長をつとめる党経済再生調査会において、経済財政諮問会議等での議論をフォローしつつ、内閣に対して適宜意見を述べてきました。「骨太方針」は来年度以降の予算の重点事項や財政健全化の方針等を示すものであり、「成長戦略」は中長期的な取組みを含めて経済成長を実現して上で重要な政策を提起するものです。

 「成長戦略」には、広範な分野にわたる数多くの施策が盛り込まれています。将来にわたる経済成長を達成するためのカギは、①人材力、②革新力、③経営力の視点だと考えています。イノベーションを通じて生産性の高い産業構造を創出していく基礎となるのは、創造力・技術力を持った人材を育成し、活用することです。そのためには、教育費の負担軽減、幼児教育の充実、大学改革など教育の質・量の向上が最重点課題です。また、成長分野や生産性向上をめざした研究開発や投資を積極的に進めていくことも重要です。さらに、経済全体の生産性・収益力を高めていくためには、経営の抜本的な改善が不可欠となります。3つの視点に立脚した政策を着実に実行していくべきだと考えています。今後とも、“経済再生”を最優先に全力を尽くしてまいります。