【いさむの一言(7月23日)】西日本豪雨被災者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます

62

 西日本各地での記録的な豪雨により中国・四国地方を中心に、二百数十名が犠牲となる未曾有の被害が発生しています。亡くなられた方々に衷心から弔意を表するとともに、被災者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と水害の防災・減災に微力を尽くしていく所存です。

 

首都圏では記録的な猛暑がつづく

 横浜を含む首都圏では連日記録的な猛暑がつづいています。多くの方々が熱中症になっています。今後しばらくの間、暑い日がつづくようですので、くれぐれも健康管理にご留意いただくようお願いいたします。

 

地域の納涼祭に参加

 今年も地域の納涼祭のシーズンがはじまりました。週末を中心に町内会の盆踊り・夏祭りの会場を回り、地域の方々と交流を深めるとともに、さまざまなご意見を伺っています。どこの会場でも歓迎していただき、まことにありがとうございます。猛暑の中、準備・運営に当たられている自治会の役員の皆さまには、深く感謝申し上げます。

 

上田いさむを励ます会講演会を開催

 11日には、横浜市内のホテルで「上田いさむを励ます会」の講演会を開催しました。毎年1~2回程度、政治・経済・国際問題・マスコミ等の専門家を講師に招いて開催しています。今回もご多忙の中、百名を超える方々にご参加いただき、まことにありがとうございました。

 

国際政治学者古川勝久氏が北朝鮮情勢について講演

 今回は、国際政治学者の古川勝久氏を招き、北朝鮮情勢などについて話していただきました。古川氏は古くからの友人であり、米国ワシントンのシンクタンクはじめ日米両国の研究機関等で外交・安全保障問題について研究をつづけてきた、朝鮮半島情勢のスペシャリストです。
 米朝首脳会談については、緊張緩和の前向きな動きであり、日本としても歓迎するが、非核化に向けての具体的な内容はほとんど決まっていないことや、米国の交渉体制に不安が残るなど、これからが正念場との評価を述べていました。