【いさむの一言(2月5日)】公的な統計への信頼の回復を急げ

485

 早いもので2月となりました。今年の首都圏は冬型の天候で、乾燥した日がつづいています。インフルエンザが大流行で、学校や福祉施設などで感染が広がっています。予防に十分お気を付けください。
 連日のように町内会や各種業界団体等の新年賀詞交歓会のご案内をいただいています。また、出初式や武道始め、どんど焼きなどの新年行事やスポーツイベントも多数開催されました。地域の皆様のご意見を伺い、地域のさまざまな課題について伺うことのできるいい機会です。スケジュールが重なって出席できないこともありますが、可能な限り出席して、交流を深めるように努めています。

 

不適切な統計調査を速やかに是正すべき

 厚生労働省による企業等の賃金・労働時間などの「毎月勤労統計」で長年にわたり不適切な調査・処理を行われていたことが明らかになりました。公的統計は、経済や社会の実態を正しく把握するための重要な基盤です。政府等の政策判断だけでなく、企業・個人の経済活動等の判断にも影響するとともに、失業給付金などの算定の基準としても利用されています。ルールに基づき、科学的かつ正確に実施されなければならないのは当然のことです。長年にわたって不適切な対応が行われてきたことは許されません。行政機関の公的統計の重要性に対する認識が著しく低いことに呆れるばかりです。速やかに是正することを強く求めます。
厚生労働省 「毎月勤労統計調査」

 

政府では統計改革を推進

 内閣では、「統計改革推進会議」において2017年から、公的統計の改革に取組んでいます。調査の内容や手法、公表のあり方などが、経済社会の変化に適応できておらず、経済の実態や生活の実感と合わなくなっているため的確な政策判断に支障を来しているのではないかとの問題意識から出発したものです。私も、政府に対して、現行の統計、特に経済関係統計のあり方の課題等を指摘してきました。
 今回の不祥事は、残念ながらそれ以前の問題です。公的統計の調査・処理のルールの改善を推進するとともに、定めたルールに基づいて、正確に実施する必要があります。
統計改革推進会議

 
 

“新春の集い”を開催します
恒例「上田いさむ・新春の集い」を下記の通り開催します。今年は、自民党選挙対策委員長・甘利明衆議院議員にゲストスピーカーとして講演をしていただく予定です。皆様のふるってのご参加をお願い申し上げます。

1.日時:2月18日(月)18:30開会
2.会場:ホテルキャメロットジャパン
3.会費:1万円

参加ご希望の方は、上田勇事務所までご連絡ください。
電話:045-366-3528
ファックス:045-366-3880