【いさむの一言(4月2日)】統一地方選候補者へのご支援お願いいたします

571

県議・市議選がスタート

 3月29日に、神奈川県議会議員と横浜・川崎・相模原の3政令市議会議員選挙が告示となり、4月7日投票日までの選挙戦がスタートしました。公明党神奈川県本部からは、県8名、横浜16名、川崎11名、相模原8名の計43名の公認候補者が立候補しました。統一地方選挙候補者
 また、県議選で自民党候補者22名を推薦しています同日投票の神奈川県知事選では、黒岩祐治候補(現知事)を推薦しています。公認・推薦候補者全員の勝利をめざして、全力を尽くしてまいりますので、皆様の絶大なご支援をお願い申し上げます。

 

横浜市南区はじめ各地で街頭演説会

 告示日午前中には、南区の蒔田公園で仁田まさとし候補と一緒に街頭演説を行いました。南区では、定数1減でこれまでにない激戦が展開されています。また、午後には金沢区と港南区で横浜市議選候補者と一緒に街頭演説を行いました。土・日曜日には、瀬谷区、港北区、鶴見区、都筑区、緑区で県会・市会選候補と一緒の街頭演説会を行いました。

 

地域に信頼され、地域に貢献する公明党

 地方選挙は、最も身近で、生活に直結したテーマを議論する議会の代表を選んでいただく重要な機会です。地域の課題をよく知り、地域に貢献する候補者を選んでいただくようお願い申し上げます。
 各候補者は、①学校等の危険なブロック塀の点検等の防災・減災対策、②小児医療費無償化の前進、③公立学校の教室の空調設備の設置、④認知症対策や高齢者介護の充実などの地域での着実な実績とそれを踏まえてのこれからの具体的な政策を訴えています。