【いさむの一言(9月2日)】防災・減災力の向上が最優先テーマ

87

大雨で被災された皆様にお見舞い申し上げます

 先週からの記録的な大雨で、九州北部や中国地方など各地で大きな被害が発生しています。被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げるとともに一日も早い復旧・復興をご祈念申し上げます。

 

9月1日は「防災の日」

 9月1日は「防災の日」です。1923年の同日に発災した関東大震災に因んだもので、1960年に制定されました。
 防災の日前後には各地で防災訓練が開催されますが、本年は千葉県内で、首都圏の9都県市合同の防災訓練が実施されました。また、地元では、連合町内会などで地域の防災訓練が各所で開かれました。防災拠点への避難訓練にはじまり、起震車や煙ハウスの体験、消火器による初期消火、AEDを使った心肺蘇生や応急手当などさまざまな訓練が行われていました。町内会の役員や消防団・家庭防災員はじめ関係の皆さま、まことにご苦労様です。

 

大地震や大雨への対応力の向上が必要

 首都圏では、大規模な地震発生の確率が高まっています。また近年、全国各地で記録的な大雨による重大な浸水・土砂災害が多発していますが、いつどこで発災してもおかしくないのが現状です。市民の生命・身体・財産の安全を確保することは最も重要なことです。自然災害の発生を防ぐことはできませんが、被害を軽減していくことは可能です。これまで以上に、災害への対応力を向上させていく必要性が高まっています。

 

自助・共助・公助の防災力を高めよう

 防災・減災対策には自助・共助・公助の取組みがあります。先ずは、各自が家庭や職場での対応を強化する自助が重要だと感じますが、我が家も含めて、なかなか十分な準備できていないのが現実ではないでしょうか。
 発災時の救助・避難などの緊急対応で重要になるのが、地域の連携です。最近は、地域の平素の付合いが希薄になっているとも言われていますが、防災訓練は緊急時の“絆”を確認・強化していく重要な取組みだと感じます。国や自治体のハード・ソフト両面からのさまざまな防災・減災対策もさらに強化していくべきです。防災・減災を政策の最優先テーマとして取組んでいく必要があります。