【いさむの一言(4月13日)】新型コロナウィルスに対応する経済対策を決定

7都府県対象に緊急事態宣言  新型コロナウィルス感染症の拡大がつづき、4月7日、政府は7都府県を対象に1か月間の「改正新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく「緊急事態宣言」を発出しました。感染蔓延を抑止するために、移動や経済活動の一層の自粛を要請しています。  既に、イベントの中止、外出の自粛などにより、経済や雇用に重大な影響が生じていますが、今後さらに深刻化するものと予想されます。 緊急経済対策と補正予算を決定  政府・与党は、「感染症緊急経済対策」とそれを実施するための補正予算を決定しました。経済対策の事業規模は、これまでに決定した分も合わせて108.2兆円で、いわゆる“真水”の財政支出は39.5兆円です。そのうち ①雇用調整助成金の特例措置など雇用の維持 ②政策金融の拡充など事業者の資金繰り対策 ③中小・小規模事業者、個人事業主への「持続化給付金」(最大200万円)...

【いさむの一言(3月23日)】世界的な感染症拡大の危機を乗り越えるために

爆発的に拡大する新型コロナウィルス感染  中国を発生源とするCOVIT―19ウィルス感染症が、世界中爆発的に広がり、危機的な状況がつづいています。今のところ、日本では死者・重症者が急速に増加する事態には至っていませんが、感染者は日々増加しており、危機的な状況はつづいています。また、各種イベントの中止、学校の休校、外出の自粛などによって、社会や経済化活動に重大な影響が生じています。 危機的な状況にいかに対応するか  この危機的な状況に対応していくため、多角的な対策を政府と民間が協力して実行していくことが重要です。 ① 者・重症者の増加を抑制する医療サービスを確保する。 ② 染拡大を抑制するための適切な対応をつづけていく。 ③ 食・観光関連など深刻な影響が出ている事業者や労働者を迅速に支援する。(短期的な経済対策) ④ 機後の経済の早期回復と世界的な景気後退に対応するための機...

【いさむの一言(3月2日)】新型コロナウィルスの感染拡大防止に総力を上げるべき!

感染拡大に歯止めかからず  感染者数の増加スピードは依然として加速化しています。どういう経路で感染したか明らかでないケースも増えており、社会に不安が広がっています。2月25日に内閣が「基本方針」を決定しましたが、これから数週間が感染拡大をコントロールするための重要局面であると強調し、大型イベントの中止や学校の休校を要請することなどを発表しました。これについては、行政機関や専門家の中でも賛否さまざまなご意見があるようです。  政府では、迅速に正確な情報を発出するためにホームページを開設していますので、ご参照ください。内閣官房 新型コロナウイルス感染症の対応について   世界50か国に感染が拡大  既に世界50か国以上で感染者が見つかっていますが、感染拡大に歯止めがかかっていない現状です。各国の政府関係者や感染症専門家の見解も多様であり、関連の報道も増えており、世界中で危機...

最新の投稿