【いさむの一言(9月17日)】台風被害からの早期復旧と防災対策の強化を

台風15号が関東地方を直撃  9月11日未明に台風15号が関東地方に上陸し、神奈川県内でも各地で高波や土砂崩れなど大きな被害が発生しました。横浜港や臨海部の工業団地では、高波などにより多くの施設・設備が破損するなどの甚大な被害が生じました。また、台風通過後も、交通機関が大混乱を来し、通勤通学に大きな支障を生じました。  千葉県の一部では、発災から一週間が経過した現在でも、懸命な復旧活動にも関わらず、なお大規模な停電が続き、確かな見通しが立っていません。市民生活に重大な影響が出ており、不安が広がっています。  被災された皆様に衷心よりお見舞い申し上げます。早期復旧に向けて国・地方自治体が協力していくことが必要です。   国土交通大臣が横浜港の被災状況を視察  12日には、新任の赤羽一嘉国土交通大臣が、横浜港の被災現場を視察しました。公明党神奈川県本部の国会・県会・市...

【いさむの一言(9月2日)】防災・減災力の向上が最優先テーマ

大雨で被災された皆様にお見舞い申し上げます  先週からの記録的な大雨で、九州北部や中国地方など各地で大きな被害が発生しています。被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げるとともに一日も早い復旧・復興をご祈念申し上げます。   9月1日は「防災の日」  9月1日は「防災の日」です。1923年の同日に発災した関東大震災に因んだもので、1960年に制定されました。  防災の日前後には各地で防災訓練が開催されますが、本年は千葉県内で、首都圏の9都県市合同の防災訓練が実施されました。また、地元では、連合町内会などで地域の防災訓練が各所で開かれました。防災拠点への避難訓練にはじまり、起震車や煙ハウスの体験、消火器による初期消火、AEDを使った心肺蘇生や応急手当などさまざまな訓練が行われていました。町内会の役員や消防団・家庭防災員はじめ関係の皆さま、まことにご苦労様です。 &...

【いさむの一言(8月19日)】激動のアジア情勢に的確に対応する外交が必要

残暑お見舞い申し上げます  お盆休みも終わりましたが、まだまだ猛暑が続いています。どうか体調には十分ご留意いただきますようお願い申し上げます。  台風10号が日本列島を直撃し、各地で多くの被害が発生しました。また、交通機関が混乱し、影響を受けられた方も多かったのではないでしょうか。   8・15終戦記念日に街頭演説  8月15日は、74回目の終戦記念日でした。戦争の犠牲となれた方々に哀悼の意を表するとともに、平和と繁栄の世界を築いていく決意を新たにする日です。公明党神奈川県本部では、そうした意義を込めて、毎年、県内の各所で街頭演説会を開催しています。本年は上大岡駅前で、県本部所属の議員らが参加して実施しました。   先行き不透明な米中経済摩擦  今日、日本を取り巻く環境が激動しています。米中貿易摩擦の行方は、双方で関税引上げを実施するなど先行き不...

最新の投稿