【いさむの一言(3月25日)】統一地方選がスタート!

知事選告示:黒岩祐治候補(現知事)を推薦  3月23日に神奈川県知事選挙が告示となりました。公明党は、自民党、連合神奈川などと共に、現職の黒岩祐治氏を推薦しています。2期8年間にわたる、県行政のトップとしての手腕や卓越した発想力・発信力とともに、公明党県議団の提案の積極的な採用など議会との良好で安定した関係を構築してきたことから最適の候補者と判断しました。  また、①防災・減災対策、②“未病対策”ほか高齢者等の健康・福祉施策、③私立高校の教育費負担軽減、④観光の振興や先進産業の活性化などの経済振興等々豊富な実績を評価しています。 なお、共産・立憲民主両党は別の候補者を支援する等の異なった対応を取っています。 黒岩祐治候補 旭区内で最初の街頭演説会  告示日には、横浜市中区内の事務所で、後援会や推薦する政党・労組・団体等代表が出席して出陣式を行いました。午後からは旭区若葉台地...

【いさむの一言(3月13日)】国会の予算審議は責任を果たしているのか!

平成31年度予算のポイント  3月2日未明に、総額約101.4兆円の政府予算が衆院を通過し、年度内成立が確実となりました。 予算には、さまざまな分野にわたる重要施策の実施に必要な経費が盛込まれています。その中でも最も重要なポイントは、①幼児教育の無償化、年金生活者支援給付金などの全世代型の社会保障制度の充実、②重要インフラの緊急点検整備など「防災・減災、国土強靭化」の実行、③消費税率引上げによる影響の緩和対策の3点だと考えます。   論点は山ほどあるのではないか  こうした予算の最重要ポイントだけでも、論点はかなり多くあります。例えば、幼児教育無償化等は消費税増収分を充当して実施しますが、他分野の社会保障施策との優先度についてさまざまな意見があります。また、近年自然災害で被害が深刻になっていることから、防災・減災対策を強化することは当然です。しかし、限られた財源の使...

【いさむの一言(2月26日)】安定した政治で経済の再生を実現させる!

「新春の集い」へのご参加ありがとうございました  2月18日、上田いさむ連合後援会主催の「平成31年・新春の集い」を開催しました。当日は、メインゲストとして甘利明自民党選挙対策委員長に講演していただいたほか、与党の国会・県会・地方議員にも多数ご出席いただきました。ご参加いただきました皆様に心から御礼申し上げます。   自民党大会で安倍総理が民主党政権を批判  自民党大会において、安倍総裁が挨拶で「あの悪夢のような民主党政権」と発言しました。 これについて、旧民主党元幹部は国会質疑の中で発言の撤回を求める一幕がありました。そもそも党の会合では党派性が帯びて他党を批判することはあり得ることで、それに過剰なまでに反発するのは、まるで“いちゃもんをつけている”としか見えません。   失政だらけであった民主党政権  2009年9月~2012年12月の民主党...

最新の投稿