【いさむの一言(3月23日)】世界的な感染症拡大の危機を乗り越えるために

爆発的に拡大する新型コロナウィルス感染  中国を発生源とするCOVIT―19ウィルス感染症が、世界中爆発的に広がり、危機的な状況がつづいています。今のところ、日本では死者・重症者が急速に増加する事態には至っていませんが、感染者は日々増加しており、危機的な状況はつづいています。また、各種イベントの中止、学校の休校、外出の自粛などによって、社会や経済化活動に重大な影響が生じています。 危機的な状況にいかに対応するか  この危機的な状況に対応していくため、多角的な対策を政府と民間が協力して実行していくことが重要です。 ① 者・重症者の増加を抑制する医療サービスを確保する。 ② 染拡大を抑制するための適切な対応をつづけていく。 ③ 食・観光関連など深刻な影響が出ている事業者や労働者を迅速に支援する。(短期的な経済対策) ④ 機後の経済の早期回復と世界的な景気後退に対応するための機...

【いさむの一言(3月2日)】新型コロナウィルスの感染拡大防止に総力を上げるべき!

感染拡大に歯止めかからず  感染者数の増加スピードは依然として加速化しています。どういう経路で感染したか明らかでないケースも増えており、社会に不安が広がっています。2月25日に内閣が「基本方針」を決定しましたが、これから数週間が感染拡大をコントロールするための重要局面であると強調し、大型イベントの中止や学校の休校を要請することなどを発表しました。これについては、行政機関や専門家の中でも賛否さまざまなご意見があるようです。  政府では、迅速に正確な情報を発出するためにホームページを開設していますので、ご参照ください。内閣官房 新型コロナウイルス感染症の対応について   世界50か国に感染が拡大  既に世界50か国以上で感染者が見つかっていますが、感染拡大に歯止めがかかっていない現状です。各国の政府関係者や感染症専門家の見解も多様であり、関連の報道も増えており、世界中で危機...

【いさむの一言(2月12日)】新型肺炎の拡大防止に万全の対応を

世界中で感染者が急増  中国武漢市を発生源とする新型コロナウィルスの感染者は短期間に世界中に広がり、脅威となっています。日本でも毎日、感染者が増加しています。幸いにも、国内では今のところ重症者は報告されていませんが、今後の動向は予断を許さず、細心の注意が必要です。専門家の多くもかなり感染力が強いとの考えです。  内閣では、正確な情報を迅速に提供するためホームページを開設しています。 新型コロナウイルス感染症の対応について   政府は感染拡大防止に全力を尽くせ  有効な治療法は確立されておらず、予防ワクチンの開発にもまだ相当な期間がかかりますので、当面は感染を封込めていくしかありません。政府、地方自治体、医療機関等が協力して、水際でのウィルス侵入防止対策を強化するとともに、国内での2次・3次感染を防ぐための検査・隔離・治療等を行っています。海外発の感染症対策につ...

最新の投稿